自家用操縦士

パイロットへの道のり

自家用操縦士の試験対策:受験資格と試験範囲について

プロのパイロットとして活動するためには“事業用操縦士”のライセンスが必要になりますが、これを取得するためには“自家用操縦士”のライセンスが必要です。一定以上の飛行経験と実技試験が必要なので独力で合格することは不可能ですが、飛行時間ゼロの状態でも学科試験は受験できるようです。
パイロットへの道のり

アラフォーのおじさんがパイロットを目指す話 その6 スケジュール

可能な限り短時間でプロのパイロットとして活動するために、必要なライセンスを取得する方法について考えてみることにしましたが、ライセンスはいずれも国家資格なので事前の試験勉強が必要ですし、試験はいつでも受験できるわけではありません。今回は試験日程をベースにしてスケジュールを検討してみました。
パイロットへの道のり

アラフォーのおじさんがパイロットを目指す話 その5 可能な限り短時間でライセンスを取得する

飛行機のライセンスを取得するためには家一軒立てるくらいのお金が必要!飛行訓練の時間=訓練費用となっていることがわかったので、訓練費用をなるべくかけないように”可能な限り短時間でライセンスを取得する”方法について考えてみることにしました。
パイロットへの道のり

アラフォーのおじさんがパイロットを目指す話 その4 安くライセンスを取得する方法は?

訓練環境や適性によりますが、固定翼機のプロのパイロットになるために必要なライセンスを取得するには2,500~3,500万円くらいの費用がかかるようです。結局のところ飛行訓練にお金がかかるわけですが、今回は1円でも“安くライセンスを取得する”方法について考えてみました。
タイトルとURLをコピーしました