セスナ152

フライトシム

Prepar3DとMSFS2020の比較(浜松基地周辺にて)

フライトトレーニングを一通り終え、操作方法にもだいぶ慣れてきたので今回はMSFS2020とPrepar3Dのシーナリー(地形や地表の3Dモデリングとテクスチャ)を比較してみたいと思います。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング First solo navigation

フライトシム歴はそれなりに長いのですが、初心に帰ってMSFSに収録されているフライトトレーニングを一通りやっています。8回目となる最終回は、フライトトレーニングの総仕上げとして単独でクロスカントリーフライトを行う“First solo navigation”です。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング Navigation

First soloまで進めば飛行場周辺に設定された場周経路を一人で飛べるようになりますが、他の飛行場まで行けるかというと?今回は地図と地形を見比べながら飛ぶ“地文航法”と飛行時間から自機の現在地を割り出す“推測航法”のトレーニングを行う“Navigation”に挑戦してみました。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング First solo flight

実機のトレーニングでも飛行機の基本的な操縦方法が出来るようになってインストラクターからのGoサインが出れば一人で空を飛ぶことになります。MSFSのフライトトレーニングの6回目はこのパイロット人生の記念すべきフライト“First solo flight”です。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング Traffic pattern

前回までのトレーニングで飛行場からの離陸、上昇、水平飛行、旋回、降下、着陸と飛行に必要な基本的な操作方法を一通り練習していきましたが、5回目これらを組み合わせて空港周辺に設定されている場周経路を周回する“Traffic pattern" を飛ぶトレーニングになります。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング Landing

飛行機の操縦で一番難しいのは何といっても着陸でしょう。シミュレータなら飛ぶのに飽きたらいつでも終了出来ますがどうせなら綺麗に着陸出来るようになりたい!MSFSのフライトトレーニングの4回目はこの難しくて奥深い“Landing”に挑戦します。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング Take off & Level flight

フライトシム歴はそれなりに長いですがMicrosoft Flight Simulator(MSFS)に収録されているフライトトレーニングで改めて飛行機の基本的な飛ばし方を練習しています。フライトトレーニングの3回目は離陸から水平飛行への移行を行う“Take off & Level flight”です。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング Attitudes & Instruments

MSFSをインストールしたので早速あちこち飛び回りたいですが、せっかくの機会なのでMSFSに収録されているトレーニングフライトを一通りこなして改めて飛行機の飛ばし方を勉強中!2つめのトレーニングは基本的な飛行姿勢のコントロールと飛行に必要な計器の読み方を学ぶ“ATTITUDES & INSTRUMENTS”です。
フライトシム

MSFS フライトトレーニング Basic controls & Cameras

ネット環境の問題から難航していたMicrosoft Flight Simulator(MSFS)のダウンロードがどうにか完了したので早速あちこち飛び回ろうかと思ったんですが、まずは“基本操作”を覚えるため、MSFSに収録されているフライトトレーニングをやってみることにしました。
タイトルとURLをコピーしました