自家用操縦士

パイロットへの道のり

自家用操縦士の試験対策:受験資格と試験範囲について

プロのパイロットとして活動するためには“事業用操縦士”のライセンスが必要になりますが、これを取得するためには“自家用操縦士”のライセンスが必要です。一定以上の飛行経験と実技試験が必要なので独力で合格することは不可能ですが、飛行時間ゼロの状態でも学科試験は受験できるようです。
タイトルとURLをコピーしました