パイロットへの道のり

パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その21 航空機局の通信連絡その2

Table of Contents 非常用周波数の使用制限 航空機が遭難してしまった場合に救難信号を発信する周波数として国際的に規定されているのが“121.5MHz”の航空用非常周波数で、この周波数は原則的には...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その20 航空機局の通信連絡その1

前回は航空機局の運用することのできる条件や、運用することが義務付けられて時間(運用義務時間)、運用中に常に聞いておかないといけない周波数などについて解説していきました↓ 今回は航空機局に定められている連絡通信の相手方と、準用して適用さ...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その19 航空機局の運用​

航空機の運行に関係する無線通信には航空管制通信空港や航空路を航行する航空機と航空交通管制機関との通信。運行管理通信航空運送事業用の航空機とその航空会社との通信。航空業務通信航空機使用事業用の航空機と運行会社間の通信。 ...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その18 無線での通話方法

電波は空間を四方八方に拡散していくので、中止して使わないと混信や妨害を招いてしまします。これを防ぐために無線機器の免許制度や認証制度、あるいは無線機器を取り扱う無線従事者の免許制ドアが整備されているわけですが、これ以外にも色々な法律や規則が...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その17 無線通信の原則​

電波法を筆頭とした電波法令では、無線設備の技術的な要件や無線従事者に求められる知識、技能についてだけでなく、無線通信の方法についても原則的な事項を規定しています。 Table of Contents ...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その16 義務航空機局の無線設備の機能試験​

航空機には色々な種類の無線設備が搭載されていますが、それらの無線機の中でも航空法の規定によって搭載を義務付けられている“義務航空機局”というものがあります。無線局免許状の付与の辺りでも軽く義務航空機局について触れていますが↓今回はもう少し義...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その15 混信の防止と通信の秘密の保護

無線通信は遠く離れた相手と情報をやり取りする事が出来る便利な通信方式ではありますが、無線設備から発射された電波は四方八方を飛び交うため、取り扱い方法を間違えると簡単に他の通信を妨害してしまいます。無線通信が発明されたばかりの頃ならいざ知らず...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その14 無線局の目的に関わらずすることのできる通信

無線局は原則的に免許状に記載された範囲でしか通信・放送を行うことが出来ないとされていますが、遭難通信や緊急通信、安全通信、非常通信といった、人命や財産へ差し迫る危険を回避するためであれば、免許状に記載された範囲を超えて通信・放送することが許...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その13 目的外使用の禁止

無線設備から発射された電波は空間を四方八方に拡散して伝わるので、場合によっては他の無線局との混信や妨害を起こす可能性があります。総務大臣に免許された無線局​を国家試験に合格した無線従事者、あるいは無線従事者の監督の下に操作するという規定があ...
パイロットへの道のり

航空無線通信士の試験対策:法規その12 無線従事者免許証

一番身近な免許証である“運転免許証”は、免許試験場で学科試験を受験して合格すると即日で免許証が交付されますが、“無線従事者免許証”は国家試験や無線従事者養成課程などを修了後に総務省や各地方の総合通信局に免許の申請をしないと免許証を受け取るこ...
タイトルとURLをコピーしました