腕立て100回出来るかな? 自宅で筋トレ:23週目(69回)

フィットネス

『腕立て伏せ100回出来るようになりたい!』という割としょうもない理由からスタートしたトレーニング。

『毎日1セット、10回づつ』からスタートし、毎週負荷を10%づつ増加していくというスケジュールを組んでスタートしました。

はじめは『こんな目標立てても途中で嫌になって辞めるかもな~』なんて思ってたんですが、途中休憩を挟んだものの、なんだかんだで23週、69回まで到達!

ゴールも見えてきました。

昔自衛隊にいたんですが、実はここまで長期間にわたってトレーニングを継続したことは無く、体力測定の腕立て伏せの記録も『2分間に62回』が最高だったりして…。

なので、ここから先は毎週最高記録を更新していくことになりますが、果たしてアラフォーのオジサンの体は悲鳴を上げずについて行くことが出来るのか?

体重や体脂肪率といった数値の方は

  • 体重:70.1㎏(前週70.8㎏)
  • 体脂肪率:23.9%(前週24.4%)
  • BMI:24.3(前週24.5)

と前週とそれほど変わらず。

この10週のトレンドを見てもほぼ横ばいで体重計の計測誤差レベルの変化しかないように見えますが…。

体脂肪率のトレンドだけピックアップすると測定誤差とも言えないような変化が起きている?

計測開始から10週目(トレーニング19週目)を上昇のピークとしていた体脂肪率が11週目から減少傾向に転じています。

トレーニングの負荷以外、例えば食生活や睡眠時間はは変化していないので、恐らくトレーニング効果が出始めたのがこの頃なんでしょうね。

体脂肪率は減少してますが、体重とBMIが体脂肪率ほど変化していないところから推測すると、恐らく脂肪を消費して筋肉を増やすモードに体が切り替わったのではないかと思います。

ということは、私の体にとっては60回くらいまでは大した負荷ではなく、トレーニング効果は薄かったということなんでしょうね。

もちろん個人差はあるので、人によってはもっと少ない回数のトレーニングでも効果が出る人もいれば、さらに多い回数でも効果が表れないなんて人もいるかもしれません。

正直なところ一人で地道にトレーニングしつつ、データを蓄積してそれを分析するのは非効率!

そんなことするくらいならトレーニングジムに通いましょう↓

Lastyle

一般的にイメージするような“トレーニングマシンが多数並ぶ”ジムでも良いですが、可能であればマンツーマンでトレーナーが付いてくれるプライベートジムがお勧め!

ジムに通うと他の人の体つきやトレーニングメニューが気になってりまったり、隣の人と張り合ってオーバーワークになって誌あったりしがちですが、プライベートジムなら他の利用者の目を気にせずにトレーニングに集中できます。

一応普通のジムでもトレーナーを付けてトレーニングメニューを考えてもらったり、トレーニング中のサポートとをお願いすることも出来るんですけど、どうしても他のお客さんの相手をしながらになったりしてしまうので集中出来ないんですよね…。

それと専任のトレーナーがその人に最適で効率のいいトレーニングメニューを考えてくれますし、トレーニングの効果に応じて随時メニューを変更することが出来ますしね。

個人でやると『今日はなんか調子乗らないから回数減らそう…』てな感じでだらけてしまうことがありますが、トレーナーについてもらえれば横で応援してもらえるのでサボりづらいというのが個人的には一番のメリットですかねw

AppleGYM

パーソナルジムは比較的狭い所でも出来ますし、マシーンもそれほど沢山そろえなくていいというメリットがあるため、近年爆発的に増加しています。

このため他のジムとの差別化を図る目的で、マシーン以外のトレーニング法に独自色を打ち出している所が多いのも特徴!

調べてみるとウォーキングやヨガ、ピラティスなんかと融合したボディメイクを中心としたトレーニングを提供するジムがあったり、格闘技や護身術を融合していざと言う時に動ける体を作ることを目的としたジムがあったり…。

ダイエットや体のボリュームアップを目的としてジムに通う人も多いでしょうけど、それ以外の目的にも目を向けて見ると“目標を達成したさらにその先”例えば『綺麗な姿勢になりたい』とか『美しいボディラインを作りたい』といった新たな目標も設定できますよね。

パーソナルトレーニングジムfis

『ダイエットで目標体重達成したからジム通い終わり!』でもいいですけど、たいていの人はそこでリバウンドしちゃうんですよ…。

そしてそういう人は何度もリバウンドを繰り返しやすい!

リバウンドを繰り返すと太りやすい体になりますし、体にも負荷がかかりますからね…。

そうならないためにも目標体重達成後にもジムに通いたくなるような、シンプルなトレーニング以外に+αの特色のあるプライベートジムを探してみましょう!

メルメイク

コメント

タイトルとURLをコピーしました