周智郡森町の小國神社と一宮花しょうぶ園

観光

たまたま見ていた夕方のローカルニュースで小國神社の花しょうぶ園と門前横丁が特集されていたのを見てフラッと思い付きで小國神社へ…。

新型コロナの影響であまり遠出は出来ませんが、同じ静岡県内で自宅から1時間もあれば行けるのでちょっとした旅行気分で行ってみました。

Table of Contents

小國神社

小國神社は静岡県西部の周智郡森町にある神社です。

ご祭神は大国様として知られる大国主命。

大国主命をお祀りする神社は日本中にあり、農業や林業、鉱業、縁結び、医薬の開発といったことにご利益があるとされていますが、小國神社はその中でも縁結びにご利益があると信じられているようで、私が訪れた時にも若い女性やカップルが何組か参拝してました。

神社の創建は神代と伝えられているようですが、一説には欽明天皇16年(555年)頃に勅命により現在の小國神社のある場所から6㎞程離れた本宮山に造られた社殿が始まりなんだとか。

これを小國神社の起源とすると、約1400年の歴史を持つ神社ということになります。

皇族や武将からの信仰が篤く、元亀3年(1572年)の武田信玄の遠江信仰の際には徳川家康が必勝を祈願していますが、社殿は戦に巻き込まれて焼失…。

ところが当時の神職が家康に味方していたということから天正3年(1575年)に家康は現在の場所に新たに本殿を造営し、さらに寺社領590石を与えるなどし、その後も徳川将軍家代々で社殿の改造や修復料を寄進していたようです。

明治15年に再度火災により焼失していますが、明治19年には復興し、現在の姿になっています。

小國神社へのアクセス

車・バイクで

新東名高速道路の『遠州森町スマートインター』が最寄りのインターチェンジで、ここから車で約7分。

または同じく新東名高速道路の『森掛川インターチェンジ』からだと車で約15分といったところです。

個人的には『遠州森町スマートインター』がお勧め。

こちらの方が近いというのもありますが、パーキングエリアに併設されているので寄り道が楽めるんですよね。

このパーキングエリアには下道からも入ることが出来るのでたまに意味も無く遊びに行ったりしますが、お土産物が結構充実してるのでお勧め!

小國神社の周辺には無料駐車場があちこちにあり、駐車可能台数はトータルで800台ほど。

これだけ容量があれば「小國神社まで行ったはいいけれど車が停められない…」なんてことは無いでしょうけど、神社正面の駐車場に車が集中してしまうため、初詣の時なんかは車を停めてから少し歩く必要があるかもしれません…。

とはいえ一番遠い駐車場でも徒歩10分位なので大したことは無いでしょうけどね。

ちなみにバイク専用の駐輪場はありません…。

公共交通機関で

最寄りの鉄道駅は天竜浜名湖鉄道(天浜線)の『遠江一宮(とおとうみいちのみや)』駅になります。

遠方からの場合は新幹線でJR掛川駅まで行き、そこで天浜線に乗り換えるような感じですかね?

あえてJR新所原駅で乗り換えて天浜線のいい感じに鄙びた沿線の雰囲気を楽しむというのも面白いかもしれませんね!

天竜区二俣地区を走る天浜線(Wikipediaより引用)

天浜線の『遠江一宮』駅から小國神社までは平日の9時~15時まで、毎時1本のペースで無料送迎バスが運行されているそうです。

小國神社の公式HPに時刻表が掲載されていますので、ご利用の前にご確認を↓

ちなみに富士山静岡空港からJR掛川駅まではFDAの利用客限定で無料送迎バスが運行されています。

たしかバスに乗るときに搭乗券の半券を提示するだけだったと思いますが、このサービスを使えば福岡、鹿児島、丘珠から飛行機と天浜線の運賃だけで小國神社まで行くことが出来ますよw

小國神社へ行ってみた

今回はバイクで小國神社まで行ってみました。

浜松市からだと、国道152号を北上して天竜川の飛龍大橋を渡り橋の北詰で右折して県道40号へ。

県道40号の谷崎交差点の分岐で左折して県道280号、明神通りを道なりに進むと小國神社です。

バイク専用の駐輪場は無いので邪魔にならないように駐車場の隅の駐車マスに停めさせてもらいましょう。

この日は天気が良かったので私以外にもバイクで小國神社に訪れる人がチラホラといるようですね。

小國神社

参道の目の前の駐車場にバイクを停めたら、まずは小國神社へ参拝しましょうかね。

せっかく神社に来たのにお参りもせずにあちこち歩き回るのも気が引けるので、特にお願い事も無いですがご挨拶はしとかないとなんだか気持ちが悪いので…。

小國神社が現在の場所に遷移してから約450年くらいになるんですかね?

樹々に囲まれた参道は厳かな雰囲気が漂い、いかにも聖域といった感じ。

実は30年近く前、親が買った車のお祓いに付いて小國神社に来たことがあるんですが、確かその時は車で直接本殿脇に乗り付けたので参道を歩くのは初めてだったりします。

まぁ30年近く前の話なので、その頃の本殿とか境内の様子なんか殆ど覚えてないですけどね…。

境内の様子も『言われて見ればこんな感じだったような気がする…かもしれない?』くらいな感じなので、実質初めて来たようなものです。

もうすでにビデオを撮り始めてますが、一応ここで撮影することのご挨拶を…。

参拝が終わると撮影に使っているジンバルが故障…。

このジンバル何故か神社やお寺に持って行くと境内で故障するんですが、何か良からぬものでも取りついているんでしょうか?

故障の仕方がまた独特で、どういう訳か行った先の神社やお寺のある場所に必ずカメラが向くんですけど、これは『せっかく来たんだからここを撮りなさい』というメッセージなんですかね?

若干薄気味悪い感じがしますが気を取り直して…。

せっかく神社に来たのでおみくじでも引いてみましょう!

小國神社のおみくじは少し変わっていて、境内にこんな感じで『おみくじ』と書かれた箱がいくつか並んでいて、お金を入れたら↓

箱に手を突っ込んでおみくじを自分で引くというスタイル。

箱の中にはごっそりとおみくじが入れられていたので少しかき混ぜて1つだけ取り出してみると…

なんと大吉が出ました!

内容を要約すると『すぐにはどうにもならんけど、努力して続ければ何事もかなう』みたいな感じでいまいち大吉を引きあてたという感じが薄いですが、内容はどうであれ大吉は大吉!

お告げの通り日々精進してなんでも飽きずに続けていきましょうかね。

一宮花しょうぶ園

ご挨拶がてらの参拝を済ませて小國神社に併設されている『一宮花しょうぶ園』に行ってみました。

入場料は中学生以上が一人300円、小学生以下は無料となっています。

開園時間は平日が9時、土日休日は8時半からで、閉園時間はいずれも夕方5時となっているそうです。

花の開花時期に合わせ、例年5月下旬から6月いっぱいまでの期間のオープンとなっています。

それほど広い菖蒲園という訳でもないですが、園内には130種類、約40万本の花菖蒲が咲いていて、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。

休憩できるように東屋やベンチが設置されているので、ゆっくりと菖蒲の花を眺めるのも良いかもしれませんね。

ちなみ花しょうぶ園では菖蒲の販売もしていて、入り口の係の人に声を掛ければ好きな菖蒲を1株1000円で買って帰ることも出来ます。

好きな物をその場で選べるのはいいんですけど、いろいろな種類や色の菖蒲があるので目移りしちゃいますね。

ことまち横丁

お土産物や食べ物を扱う『ことまち横丁』は小國神社参道入り口の鳥居と花しょうぶ園の間にあります。

ここ最近リニューアルしたようで、地元のメディアに割と頻繁に取り上げられる機会も多いみたいですね。

私もたまたま見ていた夕方のローカル番組で知ったんですが、昔ながらの門前町とは違ってオシャレな和風スイーツや地元の食材を使ったピザなんかを食べることが出来るカフェがあったりと、だいぶ若者向けになっているようです。

せっかく来たんでこちらも覗いてみることにしました。

丁度オヤツ時だし何か食べていこうかな?

この日は5月も末だというのにかなり気温が高かったのでかき氷を食べることにしました。

地元の森町の名産の抹茶を使ったかき氷で、待ったやシロップのかかった氷の上にさらに抹茶の粉末と練乳をかけて食べます。

氷の山を崩していくと中の方にはこれまた抹茶の練りこまれたわらび餅が出てきます。

食べてみると想像していたよりも甘さは控えめで、抹茶のほのかな苦みと渋みが感じられスッキリサッパリとした風味。

わらび餅が意外と大粒でプリプリとした触感が楽しく、こちらも変に甘くはないので甘いものがあまり得意ではない人でもおいしく食べられるんじゃないでしょうか?

夏の暑い時期に小國神社に来たら是非食べてみてください!

かき氷の他にも、地元の“甘々娘(かんかんむすめ)”という糖度の高いトウモロコシをふんだんに使ったピザや、抹茶ラテ、抹茶タピオカといったものも販売されているので、食べ歩きをするのも楽しいかもしれませんね。

ことまち横丁には地元の森町のお茶をお茶屋さんが2軒あります。

自宅の近所にお茶農家さんがいるので『お茶は買うものではなく貰うもの』なんて思っていて、お茶自体には大して興味はなかったんですが…。

急須や湯飲みと一緒に売られていたおちょこが気になる…。

これはただのおちょこではなく、中に土とタネを入れて植物を栽培するキットなんだそうですが、栽培する植物が黒松や赤松、紅葉、桜となかなかにシブいチョイス。

イメージとしては盆栽をゼロから作るような感じなんですかね?

お値段も手ごろなので買って帰ろうかと思ったんですが、今回はバイクで来ているのでまた別の機会に…。

ジャケットのポケットにでも入れて買えれば良さそうですが、さっき引いたおみくじの旅行と失物に不穏なことが書かれていたのでやめておきましょう。

盆栽キットに後ろ髪を引かれつつ小國神社を後にしましたが、家からそれほど遠くは無いのでまた近いうちに遊びに来てみようかと思います。

ここ最近は縁結びのパワースポットや、若者向けのオシャレなスイーツを食べられる場所として注目され始めた小國神社ですが、お参りまではしなくても参道にはぜひ一度足を延ばしてもらいたいですね~。

樹齢数百年の樹々に守られるように佇む本殿の荘厳で清浄な雰囲気は何とも言えません。

参道と境内を散策するだけでも気分がリフレッシュ出来て良いと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました