自衛官のキャリアパス(高等工科学校生徒)

自衛隊のキャリアパス

アイキャッチの画像はWikipediaより引用。

自衛隊記念日に開催される観閲式の総合予行で本番さながらに行進のリハーサルを行っている陸上自衛隊高等工科学校生徒です。

陸上自衛隊高等工科学校は自衛隊の中でも一番若い中学校卒業者を対象としたコースで、未来のエリートを養成するための1つ。

ごくまれにマスコミに取り上げられることがありますが、一般的にはあまり知られていないコースの一つですね。

 

Table of Contents

陸上自衛隊高等工科学校

元々は『陸上自衛隊少年工科学校』として陸上自衛隊の技術面での屋台骨となりリーダーシップを発揮して部隊をけん引する技術陸曹を養成するためのコースで、海上自衛隊と航空自衛隊にも同様の学校が設置されていました。

しかし、時代の流れにそぐわない事(総人件費の抑制や子供の権利条約の関係など)から一旦すべてのコースが廃止され、新たに設立されたのが陸上自衛隊高等工科学校です。

少年工科学校(少工校)と同じく自衛隊内に設置された学校で一般の高校生と同じカリキュラムの授業を受け、卒業時には高校卒業の資格を与えられますが、卒業後の進路は技術陸曹の養成を専門としていた少工校とは違い機甲科や航空科、武器科、通信科といった技術系の職種以外にも普通科や需品科、化学科といった職種にも進むことが出来るようになったようです。

少工校の頃は入隊と同時に陸上自衛官(3等陸士)に任命されていましたが、高等工科学校になってからは定員外の防衛省職員という扱いになり、学生(生徒)の待遇は基本的には防衛大学校や防衛医科大学校と同じような扱いとなっています。

このため防衛大学校の高校版といった扱われ方をすることがありますが、防衛大学校と違って厳密にいえば学校教育法の定める高等学校の基準を満たしていないため、高等工科学校はあくまで陸上自衛隊の陸曹を養成するためのコースなので、卒業後の進路は基本的に陸上自衛隊に限られ、本人が希望しない限りは幹部になることもありません。

採用試験

高校と違って入学すると同時に防衛省職員として採用されるため、“入学試験”ではなく“採用試験”と呼ばれています。

募集定員は300人前後で、一般試験と推薦試験に分かれています。

応募資格

基本的には中学校卒業者を対象としているため年齢制限は他のコースよりも低くなっています。

  • 一般:中卒(卒業見込み含む)17歳未満の男子
  • 推薦:中卒(卒業見込み含む)17歳未満の男子かつ学校長の推薦が必要

ほとんどの人が中学を卒業してストレートに入隊しますが、一般の高校のように転入は認められていないため、高等工科学校に入るために1浪するなんて人も結構いたりしますね。

それと自衛隊の中で唯一男子のみを採用しているコースのため、女性は入隊どころか受験することすら出来ません!

男女雇用機会均等法や最近のジェンダーの流れからすると色々と反感を買いそうではありますが、このコースの知名度の低さ故か男子のみ募集対象になっていることが槍玉に挙げられることが無いようですね…。

試験科目

試験は

  • 筆記試験(作文を含む)
  • 口述試験
  • 身体検査

の3つで、

  • 1次試験:筆記試験と作文
  • 2次試験:口述試験と身体検査

というふうに割り振られています。

1次試験

筆記試験は一般と推薦で試験内容が違い、一般試験は国語、数学、理科、社会、英語の5科目で択一式のマークシート方式、推薦は少し変わっていてグラフを分析して統計情報を読み解くというものと、10問程度の数学の計算問題が出題されます。

推薦の方の問題は比較の仕様がありませんが、一般の試験の難易度は地方の2番手か3番手くらいの私立進学校と大体同じくらいですかね?

過去の試験問題は自衛官募集HP↓

に掲載されている他、自衛隊の他のコースと同じく過去の試験問題集が市販されています↓

試験の時期が毎年1月中旬から下旬なので、本気で入隊を希望する人たち以外にも高校入試の練習や模試感覚で筆記試験だけ受験する人が多いんですよね…。

おかげで毎年試験倍率が跳ね上がり、例年30倍程度の倍率で推移しているようです。

1筆記試験の直後に書かされる作文は、与えられたテーマをもとに30分以内で500字程度の文章を作成するというもの。

作文のテーマは毎年変わり、同じ年度でも一般と推薦でテーマに違いもありますが、大体は『中学校時代に経験したことを高等工科学校での生活にどう生かしていくか?』とか『団体生活におけるリーダシップについてどう思うか?』といったテーマが多いようですね。

作文は2次の口述試験で使われるようで、面接官から作文の内容や、どういう意図で書いたのか?といったことを聞かれたりするので、作文の内容を忘れないようにしましょう!

2次試験

口述試験と身体検査が行われます。

口述試験といっても高校入試の面接とそう変わりません。

面接では

  • 高等工科学校を受験した理由
  • 高等工科学校に進んだら何をしたいのか?
  • どのような自衛官になりたいのか?
  • 作文の内容について

といったことを聞かれるようですが、これ以外にも卒業後の希望職種や任地なんかも聞かれたりするようです。

この辺りの質問に答えられるように、大雑把にでもいいので、高等校が学校のカリキュラムやクラブ活動、陸上自衛隊の職種について下調べをしておいた方がいいでしょうね。

あとは『コイツとなら一緒に仕事したいな!』と思われるように、明るく元気よく受け答えをしていれば大丈夫じゃないでしょうか?

身体検査では身長や体重、基本的な運動機能などを検査します。

身体検査の合格基準に『身長:150㎝以上』というのがありますが、中学校を卒業したばかりの人達を対象としているので入隊後に身長が伸びることも考慮して多少身長が足りなくても見逃してくれることがあります。

これ以外にも合格基準が色々とありますが、余程不健康で病弱でない限りは身体検査で不合格になることは無いんじゃないかな?

心配な点があれば事前に地方協力本部か募集担当官に相談してみましょう!

学生生活

採用試験に合格すると3月下旬か4月上旬に神奈川県横須賀市の武山駐屯地にある高等工科学校に入学。

入学と同時に防衛省職員として防衛省に採用され、毎月10万円程度の学生手当の他、年に2回賞与が支給され、全寮制となっているため宿泊費と食費は原則無料、制服や靴といった服は全て貸与されます。

全寮制の学校のためいかなる理由があろうとも通学は認められず、3年間は武山駐屯地内にある学生隊舎で寝起きすることになるため団体生活が苦手な人には苦痛かもしれませんが、慣れてしまえば毎日が合宿か修学旅行みたいなもんでそれなりに面白いですよ。

授業

基本的には一般の高校と同じカリキュラムの授業を受けますが、3年になるとそれらに加えて

  • 教養専修コース
  • 理数専修コース
  • 国際専修コース
  • システム・サイバー専修コース

のいずれかを本人の希望や興味、関心から選択して履修します。

また、これらに並行して機械電子工学や情報工学の基礎的な部分を全員が学ぶため、工業高校的なカリキュラムになっているようです。

3年間のカリキュラムを終えると高等学校の卒業資格を得ることが出来るため、3年生の時点で防衛大学や航空学生、あるいは一般の大学を受験することが出来ます。

訓練

高等工科学校を卒業すると陸士長として全国各地の部隊に配属され、さらにその1年後には3等陸曹に任命されて分隊長として小規模な部隊の指揮を執ることになります。

このため高校生としての授業と並行して自衛官としての訓練も行われ、部隊配属後に即戦力となれるような知識と技能の習得を目指して訓練が行われます。

1年生の頃には座学や基本教練といった自衛官としての基礎的な知識や技能を、2年生になると小銃が貸与され射撃訓練や地上戦闘の基礎訓練、3年生では演習場での野外戦闘や野戦築城に野戦勤務要領、といった具合に段階的に自衛官として必要な知識や技能を身に付けていくようです。

クラブ活動

授業や訓練の合間、主に平日の夕方や土日にクラブ活動に参加します。

クラブ活動は運動クラブと文化クラブの他、これらのどちらにも属さない特定クラブというものに分かれているようですね。

運動クラブには野球やサッカー、バレーボールといった一般的な高校にも有るようなものから、銃剣道という自衛隊独自のものなどがありますが、実は高等工科学校は意外な強豪校のようで全国大会や国体の常連となっているクラブもあるようです。

文化クラブは茶道や書道、英会話といった一般的なものから、軍事研究部といういかにも自衛隊っぽいマニアックな物、吟詠剣詩舞といったシブいものまで。

特定クラブは吹奏楽、ドリル、和太鼓、サイバー・コンピュータがありますが、この中ではドリル部が有名で、関東近郊の駐屯地の開庁記念日に招待されてファンシー・ドリルの展示をしているので見たことがあるという人もいるかもしれません。

休日

原則的には土日祝日が休日で、申請すれば駐屯地の外へ外出する事が可能です。

外出時は1年生は制服着用ですが、2年生以降は申請により私服での外出も認められているようです。

基本的には外泊が出来ないため、土日を利用した規制というのは難しいですが、夏休みや冬休み、GWには長期間の連休には外泊が許可されるため、多くの人はこの期間に帰省することになります。

卒業後の進路

卒業後は本人の希望や適性、部隊側のニーズによって特技が任命され、配属先が下命されます。

また、希望者は3年修了時点で防衛大学校や防衛医科大学、あるいは海上・航空自衛隊航空学生を受験することが出来、合格してそちらに進むという人も毎年10数人いるようですね。

この場合は一度退職してから再入隊となるようです。

防衛大学や航空学生に進まなければ卒業と同時に陸士長に任命され、高等工科学校の卒後課程へ進みます。

卒後課程ではまず各方面隊の陸曹教育隊にに教育入隊し、生徒陸曹候補生課程の約3カ月間で初級陸曹として勤務するために必要な知識や技能を身に付けます。

生徒陸曹候補生課程を修了すると全国各地の部隊に配属され、今度は各特技別の専門教育を履修するために職種別の学校に入校して各特技別の初級陸曹課程を履修。

初級陸曹課程を終えると部隊に戻り、実際に業務に従事しながら経験を積んでいきます。

そして高等工科学校卒業から1年後の4月には3等陸曹に昇任し、この時点で高等工科学校とそこから続く一連の教育が終了。

一人前の自衛官として部隊勤務をスタートします。

配属される職種

今のところ高等工科学校を卒業して進むことが出来る職種と勤務内容は

  • 普通科:指揮統制システム・多⽬的誘導弾の操作、⼩銃分隊⻑
  • 機甲科:戦⾞の操作、斥候員
  • 野戦特科:レーダの標定操作等、射撃諸元の算定
  • 高射特科:地対空誘導弾、レーダの取扱
  • 情報科:情報資料の収集・処理、地図・航空写真の配布
  • 航空科:航空機発動機、機体計器類の整備
  • 施設科:建設機械の操作・整備、測量その他建設技術
  • 通信科:通信電⼦器材の操作・整備、各種通信技術
  • 武器科:装軌⾞両、⽕砲、誘導武器、弾薬の補給・整備・回収
  • 需品科:糧⾷、燃料、需品器材、被服の補給・整備・回収
  • 化学科:化学器材の取扱

といったところのようです。

少工校時代は卒業後に進めるのが機甲科、野戦・高射特科、航空科、施設科、通信科、武器科くらいしかなく、それらの職種に進んでも運用ではなく整備がメインだったようなので、これでもだいぶ選択肢が増えてます。

恐らく今後も高等工科学校から進むことが出来る職種が増えていくのではないでしょうか?

また、これ以外にも本人の希望次第では陸上自衛隊のパイロットを養成する“陸上自衛隊陸曹操縦学生”に進んだり、部内幹部候補生から幹部を目指すことも出来るため、実質的には陸上自衛隊のほぼすべての職種に進むことが出来るのかもしれません。

卒業後のキャリア

高等工科学校卒業後は3曹昇任までは横並びで、それ以降は勤務実績や訓練成績で昇任スピードや定年時の階級が変わってきます。

仮に幹部にならずに定年まで自衛隊にいるとすると…

  • 19歳:3曹昇任(分隊長・班長など)
  • 27~30歳:2曹昇任(訓練係・補給係など)
  • 34~37歳:1曹昇任(小隊先任陸曹・上級部隊や司令部付きの係員など)
  • 41~44歳:曹長昇任(中隊先任陸曹・服務指導係など)
  • 48歳~:陸准尉昇任(連隊・旅団・師団・方面隊・陸上自衛隊先任陸曹など)

といった感じになるんじゃないですかね?

可能な限り上の階級を目指そうと思ったらなるべく早いうちに部内幹部候補生を受験したほうがいいです。

部隊配属後5年経過した時点で部内幹部の受験資格が発生するので、最短で24歳か25歳で幹部候補生たる陸曹長、翌年には3等陸尉となり順調に進めば定年時には2等陸佐までは狙えるんじゃないでしょうか?

まぁ階級だけが自衛隊のすべてでは無いですし、あまり階級上げちゃうとかえって自由が利かなくなってしまいますからね…。

戦争映画だと中佐や大佐が最前線で部下を率いていたりしますが、現実ではそんなことはあり得ません。

在職中に可能な限り災害派遣や国外勤務に行きたいという人は陸曹クラスのままでいたほうが参加しやすかったりしますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました