桜を見るツーリング(その3)秋葉ダムから船明ダムへ

ツーリング

2021年は新型コロナの影響で今までのように桜の木の下で宴会をするというようなかたちのお花見が出来ませんでしたね。

とはいえそんな状態であっても春はやってきて桜もいつも通り咲くわけですが、せっかく咲いているのを見ないもの勿体ないということで、今年は浜松市内の桜の名所やお花見スポットを色々と見て回ることにしました。

「一つ所に立ち止まらなければ大丈夫だろう」という素人判断ではありますが、屋外なので密集を回避すれば感染リスクは軽減できる?

場所によっては、人出が多く感染防止対策も若干怪しいところはありましたが「それならいっそバイクで走り回ってしまえ」という訳で、天竜川の中流域にある佐久間ダムの湖岸公園からバイクで天竜川沿いに南下して桜の名所をあちこち回ってみることに。

さすがに山深い所なので花見客もほとんどいないので感染リスクは局限出来ますし、バイクで走っている間は嫌でもソーシャルディスタンスは保てますからね!

休憩がてら立ち寄ったスポットで密集して騒いだりしなければ、多分仲間内でツーリングしても多分大丈夫なはず!

ということで、新しい形のお花見を提案すべく、桜を見るツーリングをしているわけですが、今回は秋葉ダムから船明ダムまでの道中です。

元来た道を少しだけ戻って国道152号線に合流してそのまま天竜川沿いに南下していくルートを取っても良かったんですが、秋葉ダム千本桜は秋葉ダムの駐車場の少し南まで伸びているので、152号線には戻らずに天竜川の東岸を走る県道285号線を進みます。

県道285号線を南下すれば秋葉神社上社の参道を横切って気田川を渡り、谷山地区の辺りで国道152号線に合流するので、このまま道なりに進んでいこうと思っていたんですが…。

竜山大橋から先は通行止め…。

そういや土砂崩れで道路が崩落したとか聞いたような…。

仕方がないので竜山大橋で天竜川を渡って152号線との合流地点を目指します。

竜山大橋は結構高い所に掛かっていて、橋の上から見る景色が良かったですよ。

この辺りは秋葉ダムのすぐ下流で船明ダムのダム湖になっていない場所なので、天竜川の本来の川の流れと、天竜川によって削られて出来た渓谷の様子がよくわかりますね。

橋を渡ったら谷底まで一気に駆け下りで川岸の近くへ。

ダムが放水すると一気に水かさが増えて危険なのでこの辺りで川遊びをすることはできませんが、夏場は川沿いをバイクで走るのも気持ちが良いかもしれません。

152号線に合流するとは言ったものの、ここから先のルートを知らないので当てずっぽうで突き進んでいきます。

だんだん良い感じに怪しげな道になってきましたね!

しばらく進むとまた通行止めが!

ここで右折すると竜山大橋に戻りそうなので左折しますけどね。

しばらく道なりに進むと国道152号線との交点が見えてきました。

ここを左折して二俣・浜松方面へ向かいます。

竜山大橋を渡って152号線に合流するまでの区間は山深く、付近に集落も無かったため桜の木がありませんでしたが、152号線に入ると道沿いに桜並木が。

桜以外にも色々な花が咲いていて綺麗ですね!

ここはこの集落の人達が手入れしてるのかな?

天竜川沿いに152号線を南下して船明運動公園の辺り。

道路の両側に桜が植えられていて、満開になるとすごく綺麗なんですが、残念ながら来るのが少し遅かったようでだいぶ花が散ってしまっていました…。

今年は3月下旬から急に暖かくなって桜の開花のペースが例年より早かったみたいですからね。

例年であれば4月の第1週か2週目くらいまでが見頃なんですが、今年は3月下旬には満開になり、4月の第2週頃には完全に花が散ってしまっていました。

来年はどうなるかわかりませんが、満開になった時期を狙ってツーリングに出かけようと思います。

桜の時期は短いですが、浜松は南北に長く、高低差も激しいために南部と北部では結構な気温差があり、満開になるタイミングが結構ずれるんですよ。

上手くすれば2~3週間くらいの間、浜松市内のどこかの桜が満開になっているなんてこともあるので、来年はちゃんとスケジュールを決めてお花見ツーリングに行ってみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました