浜松のお花見スポット:都田川桜堤

公園

浜松市北区細江町の都田川桜堤に行ってきました。

細江町といえば数年前に放映していた『おんな城主 直虎』の主役、井伊直虎ゆかりの地が“近い”ということで直虎や郷土の歴史にまつわるあれこれを展示した史料館を作ったり、イベントを開催したりしていたので、地元民でなくても行ったことがある人もいるのでは?

最近はマンガの『ゆるキャン△』のロケ地?と言うのかどうかは分かりませんが、気賀駅周辺がマンガとアニメの舞台となっていたようで、最近流行の“聖地巡礼”に訪れる人もちらほらいるとか?

まぁこのブログの読者層や私のYoutubeチャンネルの視聴者層は“50代前半~60代後半”辺りらしいので、直虎はともかくとして、ゆるキャン△まで抑えている人はほぼいないような気もしますが…。

そんな話は置いておいて、今回はこの細江を流れる都田川の桜の話です。

天竜浜名湖線(天浜線)の気賀駅から徒歩5分程なので、遠方から来られる際はぜひ天浜線で!

と、言いたいところですが、浜松駅からの接続が悪い…。

仮に新幹線で浜松駅まで来たとして、天浜線の気賀駅に行くとすれば、浜松駅から在来線に乗り換えて新所原駅で天浜線に乗り換え、もしくは浜松駅から徒歩で遠州鉄道新浜松駅まで行き、そこから終点の西鹿島まで、さらに天浜線に乗り換えて…。

といった感じで乗り換えが煩雑なうえ、かなり回り道するので時間がかかるわけですが、まぁ旅情を味わいながら田舎のローカル線に揺られるのも悪くないですよね~。

鉄道以外のルートだと、路線バスで浜松駅から気賀行きのバスに乗れば、乗り換えなしで気賀駅まで行くことが出来ます。

ちなみにどのルートでも所要時間は1時間程度。

田舎ののどかな風景を楽しみながら旅をするのであれば鉄道で、乗り換えの面倒くささを避けたければバスで、といった感じですかね?

車やバイクの場合は東名浜松西ICか、新東名の浜松いなさICが最寄りになります。

車を停めるなら近隣の北区役所の駐車場に停めるか、河川敷の広場みたいな場所に停めるか。

ちなみに私はバイクで来たので、邪魔にならないような適当な所に停めました。

駐輪場なんて気の利いたものはありませんが、田舎なのでバイクくらいなら邪魔にならなければ煩いことも言われません。

桜堤の東の端辺りは車で乗り入れることが出来るため、路肩に駐車してる人が結構いますね…。

田舎なのであまり煩いことを言われることも無いですが、結構交通量が多いのと、花見客がスマホ見ながらウロウロしてるので、ここを通る時は気を付けないと危なそうです。

少し進むと歩行者専用の道になります。

平日に行きましたが、春休み中ということもあってか人出は多めな印象。

近くにある養護施設や介護施設の利用者さんたちが散歩に来てました。

この日はうっすらと曇っている上に、黄砂の影響でどうにもはっきりしない天気。

もう少し天気が良ければ対岸の桜並木も綺麗に見えるんだろうけどなぁ。

カメラの性能のおかげで割と光量が多めに見えるんですけど、実際はもう少し暗い感じで、今にも雨が降りそうな感じでした。

川岸の開けた場所で風も強く、動画にノイズが被ってしまうという、動画撮影にはあまりよろしくない条件…。

↑家に帰ってから色々と編集してみましたが、あえてBGMを付けずに環境音がそのまま聞こえるような感じにしてみました。

これなら見てる人がお花見に行った気になれるかな?

三黒の美酢

橋を渡って対岸の方にも行ってみましょう。

こちらにも桜並木があるんですが、先ほど歩いた北岸が歩道の両側に桜が植えられていたのに対し、こちらは川側のみ。

とはいえ結構な本数があるので、こちら側もなかなか見ごたえがあります。

南岸の方は住宅地の側にあるためか、あまり花見客も来ない?

駐車場も無いですしね。

そしてこちらの方がいくらか暖かいのか、満開の時期を過ぎて散り始めていました。

あと2,3日早ければ一番いい時期だったかもしれませんね。

また来年に期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました