自衛隊の階級と役職の話(尉官編)

自衛隊のキャリアパス

皆さんご存じの通り、自衛隊は階級社会!

もし災害や紛争などで混沌とした状態に陥ったとしても、その場で一番偉いのが誰なのか一発で見分けられるようになっています。

まぁ一般の人が見分けられたところで取り立ててメリットがある訳でもないんですが、これを知ってると自衛隊関係のイベントなんかに行ったときに今まで以上に楽しめるかもしれませんし、映画やドラマをもう少し深い所まで楽しめるかもしれませんね。

それと災害があった時に現場責任者をすぐに見つけることが出来たりするかも?

自衛隊に入ると一番先に教え込まれのが階級と階級章の見分け方なので、これから自衛隊に入ろうなんて思ってる人は入隊前に覚えておくと良いかもしれませんよ。

という訳で自衛隊の階級と各階級ごとの仕事や責任などについて解説してみたいと思いますが、自衛隊の階級は16個もあるので、今回は自衛隊で初級幹部と呼ばれる“尉官”の階級にフォーカスしてみます。

尉官より上の佐官の階級と役職についての解説はこちらから↓

Table of Contents

尉官の階級について

『自衛隊は軍隊ではなく、旧軍とのつながりも一切ない』という建前が自衛隊にはあるため、階級呼称が旧軍や諸外国の軍隊と違うのは佐官の解説の時にも説明した通り。

旧軍や諸外国の軍隊では偉い順から

大尉>中尉>少尉

と呼称しますが、自衛隊の場合は

一等(陸・海・空)尉>二(陸・海・空)尉>三(陸・海・空)尉

と呼称します。

そんなわけで自衛隊の階級呼称と旧軍や諸外国の階級呼称は異っているんですが、ややこしいのが“准尉”という階級。

旧陸軍にも“准尉”という階級はありますし、諸外国の相当階級を日本語訳した場合も“准尉”となるため、上で述べている『自衛隊は軍隊ではなく、旧軍との綱買いが無い』という建前が覆されることになります…。

そして准尉というのは『士官でも下士官でもない』という何とも中途半端な階級で、国や組織によって扱いが違うことがありますが、その辺りの説明はまた後程。

一尉

諸外国でいうところの“大尉”に相当し、英語表記の場合は陸上・航空自衛隊は“Captain(キャプテン)”海上自衛隊の場合は“Lieutenant(ルテナント)”となります。

陸・空軍系の軍事組織の場合は大尉が中隊規模の部隊の指揮官となることが多いために“Captain”、海軍系の軍事組織の場合は大尉が中佐や少佐の指揮する部隊の補佐役となるために『次席』や『補佐役』というニュアンスを持つ“Lieutenant”と呼ばれるようになったとか。

この辺りは組織ごとに由来が違ってくるため諸説あります…。

役職も国や組織によってばらつきがありますが、自衛隊の場合はというと

・陸上自衛隊

三等陸佐が充足していなければ一等陸尉が代わりに中隊長や駐屯地司令部の各班長といったポストに配置されることがありますが、中隊本部で中隊長の補佐役(副中隊長)や運用訓練幹部(訓練計画の立案と訓練の実行・監督)というポストへの配置が多いようです。

飛行部隊なんかだと複数編隊を束ねる編隊長だったり、教官だったり。

現場の下っ端から見るとそれなりに偉い人なんですが、一尉でも中央の司令部や方面総監部、師団司令部などの上級司令部に行くとペーペーの平課員…。

“下っ端陸曹が出張で上級司令部に行ったら一尉がお茶くみさせられてて驚愕した”なんて話も。

・海上自衛隊

陸上勤務なら陸上自衛隊と同じく足りない三佐の埋め合わせか上級司令部での小間使い?

船の乗組員なら二佐や三佐の率いる分隊の補佐役といったところ。

飛行機の乗組員だと航空自衛隊に近い感じになるようです。

・航空自衛隊

パイロットの場合は大型機の機長や複数編隊を束ねるエレメントリーダーとなったりしますが、この辺りは固定の役職ではなくミッションごとにアサインされるロール(役割)の一つ。

役職としては安全幹部とか訓練幹部といったポストに配置されますが、部隊の指揮官というよりは所属部隊の安全状況や訓練についての監督者というポジションになるんですかね?

パイロット以外の一等空尉は陸上自衛隊の場合と同じく、三等空佐の代わりに部隊長に配置されたりするほか、レーダーサイトや管制塔のシフト勤務の責任者になったり。

他の組織との比較をすると

警察:警部(機動隊中隊長、警察署副署長、部長、主要課課長など)

海上保安庁:二等海上保安正(本庁専門員・主任(航海・運用司令・通信)士、本庁係員・巡視艇船長など)

中央省庁:本省係長、係長補佐など

大企業だと課長補佐や係長あたり、中小企業も同じくらいのポストですかね?

コンビニやファミレスなどのフランチャイズチェーンの店長くらいの感じになるかと思います。

二尉

諸外国でいう所の中尉に当たり、英語表記だと陸上・航空自衛隊は“First Lieutenant(ファースト・ルテナント)”、海上自衛隊は“Lieutenant Junior Grade(ルテナント・ジュニア・グレード)”。

陸海空ともに英語表記で“Lieutenant”と付いているので『指揮官の補佐役』というポジションに配置されそうに見えますが、実際のところは小規模な部隊の指揮官として活躍します。

この辺りは陸海空でほぼ共通していて、殆どの場合は一線部隊の小隊長として20~40人規模の部下を率いる部隊指揮官、あるいは中隊や大隊本部などでの指揮官の補佐役に配置されます。

後は駐屯地司令や基地司令の副官という秘書のようなポストに配置されることも。

役職ではありませんが、パイロットならそろそろ独り立ちするあたりで、戦闘機なら2機編隊の編隊長として僚機を率いて行動したり、大型機なら新米の機長として活躍したり、教官パイロットとして学生の指導をしたり。

将来の幕僚長を目指して陸海空自衛隊幹部学校の指揮幕僚課程に入校するための選考試験を受験するのが大体二尉に昇任したあたりから。(年齢制限があるため受験できるのは防大か部外幹部候補生の出身者が殆どですが。)

他の組織との比較をすると

警察:警部補(執行隊小隊長、課長補佐、係長、係長代理、交番所長、駐在所長など)

海上保安庁:三等海上保安正(本庁専門員・主任(航海・運用司令・通信)士本庁係員・巡視艇船長など)

中央省庁:本省係長、係長補佐など

大企業だと係長や係長補佐あたり、中小企業も同じくらいのポストですかね?

コンビニやファミレスなどのフランチャイズチェーンの副店長くらいの感じになるかと思います。

三尉

諸外国でいう所の少尉に相当する階級で、英語表記だと陸上・航空自衛隊は“Second Lieutenant(セカンド・ルテナント)”、海上自衛隊は“Ensign(エンサイン、エンスーン)”。

三尉でも曹からのたたき上げ、または防大や部外幹部候補生を経て2~3年程度の勤務年数があれば二尉とほぼ同じようなポストに配置されますが、それ以外の若手三尉は階級はあってもほぼ見習いみたいなもの。

下っ端に交じって各種の下働きをしながら組織の事や現場作業の事について学ぶというのが主な仕事ですね。

そのため小隊長になるまでは“小隊付き”や“○○司令部(本部)付き”といった『付き幹部』と呼ばれ、幹部でありながら誰一人部下がいない、というか“定員には含まれているけれど戦力としてはカウントされていない”といったなかなかひどい扱いを受けます。

そんな状態でも一朝事あらば小隊長として数十人の部下を率いて作戦行動をとらなければならないわけで、場合によっては自分の親よりも年上の部下に対してあれこれ命令して動かさなければならないという中々難しいポジション…。

階級があるので命令すれば下級者は動いてはくれますが、あまり無茶なことをいうと誰もいう事を聞いてくれないどころか後ろから撃たれる可能性もありますからねぇ。

付き幹部でいるうちに仕事の事だけでなく、人心掌握術や部隊のパワーバランスを見極める能力を養っておかないと後々苦労するハメになりますよ…。

他の組織との比較をすると

警察:警部補・巡査部長(係長代理、交番所長、駐在所長など)

海上保安庁:三等海上保安正(係員・(航海・運用指令・通信)士の補佐)

中央省庁:係長補佐、本庁各係員など

大企業だと係長補佐あたり、中小企業も同じくらいのポストですかね?

コンビニやファミレスなどのフランチャイズチェーンの副店長や初任研修中の本社正社員くらいの感じになるかと思います。

准尉

諸外国でも准尉と呼ばれ、英語表記だと陸海空共に“Warrant Officer(ワラント・オフィサー)”となります。

この階級は“士官でも下士官でもある”という非常にややこしい階級で、国や組織どころか時代によっても扱いが違うため説明が非常に難しい。

自衛隊の場合は准尉になると幹部用の制服が与えられ、幹部食堂での喫食も可能となるため一応幹部と同じ待遇を受けることはできますが、基本的には上級司令部で曹の最先任者として幕僚長や司令官への助言や曹士隊員への指導を行う立場になります。

ちなみに陸上自衛隊と海上自衛隊は准尉を“幹部に準じる階級”と考えているようで、部隊や司令部の先任陸曹以外にも二尉や三尉が充足していない部隊では小隊長などの本来なら幹部が充てられるポストにも准尉を配置していることがあるようです。

一方航空自衛隊では准尉を“曹の延長線上にある階級”と考えているようで、准尉は各部隊や司令部の最先任空曹として指揮官への助言や部隊の曹士隊員への服務指導を行うのみで、部隊指揮を行うことはありません。

とはいえ部隊の実情や時代の趨勢によってこの辺りの運用はころころ変わっていくので、過去には空自に准尉の小隊長がいたこともありますし、将来的には陸海も順位を小隊長から外すこともあるでしょうね。

現在の先任陸・空曹、先任伍長制度が発足してから准尉を廃止しようなんて話も出てますし…。

他の組織との比較をしたいところですが、警察と海上保安庁には相当する階級がありませんし、一般企業とも対比しづらいところですが、無理に当てはめるなら『定年前の指導係、相談係』といったところでしょうか?

通常

まとめ

今回は自衛隊の尉官の階級と役職にフォーカスしてみました。

どういう訳か映画やドラマなんかではほとんど出てくることが無い階級ですが、現場でよく見る幹部というと大体この辺り。

航空祭や駐屯地の開庁記念日なんかで見かける幹部というのも大体この辺りの階級の人達なんじゃないですかね?

若手の二尉と三尉辺りは一般の方の接遇要員や案内係の責任者となることも多いため接する機会がそれなりにあるんじゃないでしょうか?

責任者とはいえ若いと20代前半から半ばで自衛隊経験どころか人生経験にも乏しい彼らですので、あまり難しいことを質問して困らせないで上げてくださいね!

次は曹士の階級と役職に就いて解説してみたいと思います↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました