自衛隊の階級と役職の話(佐官編)

自衛隊のキャリアパス

皆さんご存じの通り、自衛隊は階級社会でして、その場で一番偉いのが誰なのか一発で見分けられるようになっています。

まぁ一般の人が見分けられたところで取り立ててメリットがある訳でもないんですが、これを知ってると自衛隊関係のイベントなんかに行ったときに今まで以上に楽しめるかもしれませんし、映画やドラマをもう少し深い所まで楽しめるかもしれませんね。

それと災害があった時に現場責任者をすぐに見つけることが出来たりするかも?

自衛隊に入ると一番先に教え込まれのが階級と階級章の見分け方なので、これから自衛隊に入ろうなんて思ってる人は入隊前に覚えておくと良いかもしれませんよ。

という訳で自衛隊の階級と、各階級ごとの仕事や責任などについて解説してみたいと思いますが、自衛隊の階級は16個もあるんで、今回は幹部自衛官の中でも中堅クラスに区分される“佐官”と呼ばれる階級にフォーカスしてみます。

佐官より上の“将官”についての解説はこちらから↓

佐官の階級

自衛隊は建前上は軍事組織ではなく、旧日本軍とのつながりが無いということになっているため、階級呼称が一般的な軍隊と異なっています。

諸外国の軍隊では偉い順から

大佐>中佐>少佐

となっていますが、これが自衛隊の場合は

一等(陸・海・空)佐>二等(陸・海・空)佐>三等(陸・海・空)佐

になります。

階級の略称は一佐、二佐、三佐です。

まぁ“大・中・少”が“一・二・三”に変わっただけなので大した違いはなさそうに感じますが…。

ちなみに各階級についている数字、公式には漢数字で表すことになっていたような気がしますが、意外と公文書でも算用数字を使っていたりもするので意外と統一されていない…。

単一の文章中で表記が統一されていればいいんですかね?

一佐

諸外国で言う大佐で、英語表記される場合は陸上・航空自衛隊は“Colonel(カーネル)”、海上自衛隊は“Captain(キャプテン)”となります。

陸空と海で英語の階級呼称が違うのは他の階級でもそうなんですが、なんで違うのかは離せば長くなるのでまた別の機会にでも。

ところで自衛隊の場合はややこしいことに同じ一佐でも内部で3段階に区分されていたりするんですよ…。

この区分は一佐の中で適用される俸給の区分なんですが、この俸給も一応階級と同じように序列がある訳です。

ところが俸給の違いは階級章や記章のように見えるものではないので、なので何らかのイベントで一佐が集まった時誰を上座にするかがややこしい!

そんな場合は人事に問い合わせして、俸給区分や学校の出身期別なんかを聞き出して序列を明確にするんですが、ここでうっかり“あの人意外と…”みたいなことが下っ端の兵隊にバレちゃったりすることも有ったりなかったり…。

まぁ一佐は誰でもなれるわけではなく、陸海空自衛隊の幹部学校の指揮幕僚課程という教育課程を修了していないとまずなることはできないんですが、これが旧軍や諸外国の軍大学の参謀養成課程に相当する教育なのでかなりの難関。

なので一佐となれる人はまず間違いなく優秀なんですけどね。

一佐ともなると将官に比べて人数が多く、充てられるポストも多いためすべては書き出せませんが、マスメディアなんかで露出のあるあたりだと…

・陸上自衛隊

大規模な部隊(連隊、群など)の長、陸上幕僚監部の課長・班長、陸上総隊司令部・方面総監部の広報室長など

・海上自衛隊

護衛隊司令、群司令、護衛隊旗艦の艦長、航空隊司令など

・航空自衛隊

航空隊司令、群司令など

・三自衛隊共通

防衛駐在官、地方協力本部長など

一部は司令部で幕僚(参謀)勤務をしていますが、多くの人は1,000人規模の隊員が所属する部隊の指揮官となり、基地や駐屯地の規模にもよりますが連隊長と駐屯地司令の兼務や航空隊司令と基地司令を兼務していたりすることも。

他の組織との比較をすると

警察:警視正(理事官、参事官、方面本部長、警察署長、警察署副署長、警察学校長など)

海上保安庁:二等海上保安監(本庁参事官、管区本部長、海上保安部長、基地長、巡視船長など)

中央省庁:参事官、本省課長、本省室長相当

大企業の営業部長や開発部長といった“部門別の長”や地方支店の副支店長あたり、県や地方を代表する規模の会社なら副社長といったところでしょう。

二佐

二佐は諸外国の中佐に相当し、英語表記では陸上・航空自衛隊は“Lieutenant Colonel (ルテナントカーネル)”、海上自衛隊が“Commander(コマンダー)。

前述の通り一佐になるためには幹部学校の指揮幕僚課程を履修する必要がありますが、防衛大学校か部外幹部候補生を卒業して事件や事故などの問題を起こさなければ相当なボンクラでもなれる一方、部内からのたたき上げでここまで上り詰めた人はかなりの切れ者。

なので40代後半から定年前の二佐というと玉石混淆なイメージがありますね。

まぁ下っ端から見た勝手なイメージですけど…。

意外と現場で見かけない階級で、ほとんどが司令部勤務で幕僚勤務なんじゃないでしょうか?

現場で見かけるレベルだと

・陸上自衛隊

大隊長、副連隊長、補給処支処長、飛行隊長、教育隊長など

・海上自衛隊

護衛隊旗艦の副長、旗艦以外の護衛艦の艦長、飛行隊長など

・航空自衛隊

飛行隊長、教育大隊長、航空団の主任など

といったポストですかね?

稀に昇任が近い二佐が一佐のポストに就くことも有ったりします。

大体数百人クラスの規模の部隊の長になることが多いかと思いますが、小規模な駐屯地や分屯基地の司令官を兼務することもあります。

航空学生や陸曹操縦学生出身のパイロットなんかだと定年を待たずに二佐あたりで民間の航空会社に転職することが多いみたいですね。

他の組織との比較をすると

警察:警視(警察庁課長補佐、監察官、調査官、警察学校長、機動隊大隊長、警察署副署長など)

海上保安庁:三等海上保安監(巡視船船長、保安署長、管区本部課長など)

中央省庁:本部課長補佐など

大企業だと各部門別の部長補佐あたりのポストになるかと思います。

中小企業なら専務か常務といったところでしょうか?

Alpha Active_C

三佐

旧日本軍や諸外国で言う所の少佐に当たり、英語表記なら陸上・航空自衛隊は“Major(メジャー)”、海上自衛隊だと“Lieutenant Commander(ルテナントコマンダー)”。

上の二佐の解説にも出てきますが、英語表記の“Lieutenant”は“~に次ぐもの、~の代理”といった意味合いです。

諸説ありますが英語的には佐官の階級は“大・中・少”ではなく

・カーネル(コロニー(領地)の主=領主)

・カーネルの補佐役

・メジャー(領主の子息)

または

・キャプテン(艦長)

・コマンダー(指揮官)

・コマンダーの補佐役

という分かれ方をしてるんですよ。

なのでアメリカ式の組織をベースとしている自衛隊も“Lieutenant”の階級にある人達は、そのすぐ上の階級の人の補佐役=参謀となることが多い。

二佐と同じく問題さえ起こさなければ誰でもなれる階級で、部内からのたたき上げでも40歳までに幹部に任官していればまず間違いなく定年前には三佐にはなれます。

三佐のポストとしては

・陸上自衛隊

中隊長、駐屯地司令部の各班長、連隊本部の科長、大隊本部の主任など

・海上自衛隊

護衛隊旗艦以外の副長、護衛艦の各分隊長、飛行隊以外の隊の隊長、大型機の機長など

・航空自衛隊

飛行隊以外の隊の隊長、大型機の機長、複数編隊の編隊長など

大体100~200人規模の部隊をまとめ上げる立場の人で、一部の人事権などを持つ管理職ともいうべきポジションになります。

他の組織との比較をすると

警察:警視(機動隊中隊長、警察署副署長、部長、主要課課長など)

海上保安庁:一等海上保安正(巡視船航海・運用司令・通信士など)

中央省庁:本省係長など

大企業だと課長あたりのポストになるかと思います。

中小企業なら部長や店長といったところでしょうか?

コンビニやファミレスなどのフランチャイズチェーンのエリアマネージャーくらいの感じになるかと思います。

まとめ

というわけで今回は自衛隊の佐官の階級と役職をフォーカスしてみました。

将官に比べれば下っ端の兵隊が比較的顔を合わせて直接指揮を受けたり、各種申請や許可をいただくポジションの人達ですが、まだまだ雲の上の人といった感じですね。

三佐で隊長クラスの人だとほぼ毎日顔を合わせますが、それでも会って直接話すときには妙に緊張したもんです。

現役当時は下っ端だったにもかかわらず、どういう訳か一佐、二佐クラスの人達に可愛がられ、よく飲みに連れて行ってもらっていましたが、そういう人たちは人生経験が豊富で話が面白い上に聞き上手なんで余計なことまで話しちゃったり…。

後になって隊長から『余計なことを言うんじゃない!お前のせいで俺が起こられたじゃないか!』なんて怒られたりもしましたが、そんな隊長が怒られる原因は自らの隊務運営上の不手際だったりするんですけどね!

まぁそういうキレかたをする隊長は下々の意見を聞かないですし、上司にも平気で嘘をつくので、それを見越して上層部の方々は口が軽そうな私を飲みに誘ったのかもしれませんがw

次は尉官の階級と役職について解説していきます↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました