腕立て100回出来るかな?筋トレ再始動

フィットネス

以前このブログで“迷彩服の似合う身体を作る”というシリーズを連載してきましたが、色々あって12週目を最後に更新が途切れてしまいました…。

まぁハッキリ言っちゃうと筋トレしなくなって各ネタが無くなったという事なんですが、日ごろの運動不足が祟り、少しでも動くと息が上がるようになってしまったので、トレーニングを再開したいと思います。

その前になぜ筋トレが続かなかったのかを自分なりに考察し、今度こそもう少し継続できるようなトレーニングを考えてみたいと思います。

Table of Contents

なぜ続けられなかったのか?

結論から言うと“張り切りすぎてしまった”からでしょうね。

トレーニング開始当初はオーバーワークにならないように気を付けていたんですが、ジム通いを再開したあたりから調子に乗って運動量を増やしすぎた…。

運動量を増やすのはいいんですけど、その増加率が適当ではなかったんですよ。

長い期間で少しづつ負荷を上げていけばよかったのに、ジムに行く度に数キロづつ負荷を増加させるというのは後から考えれば無茶な話。

始めは週に火、木、土の3回ジムでトレーニングして、他の日は自宅でトレーニングなんて考えてましたが、それもそのうち『ジムに週3で行ってるから』という理由で自宅ではトレーニングをしなくなり…。

そのうちジムに行くのが苦痛になって、だんだん足が遠のいてしまった…。

肉体的にも精神的にもオーバーワークだったんでしょうね。

最終的には新型コロナの再流行もあったのでジムは退会してしまいましたが、“もうトレーニングしたくない”って気持ちも少なからずありました。

結局その辺りからまったくトレーニングをやっていません。

性格的に向いてない?

性格的に地道に続けるということが苦手、というかハッキリ言うと大嫌いなんです…。

なかなか効果が表れない、変化が起きないことをやっているとすぐに飽きてしまうので、そもそもトレーニングというのが向いていない…。

なのでなるべく毎回のトレーニングに変化を付けたかったのですが、その変化の付け方というのが“マシーンのウェイトの増量”だったと。

100g単位の増量ならまだしも、毎回1㎏とか増やしてましたからね、そりゃあっという間にオーバーワークになるわけですよ。

肉体の前に性格の改善が必要な気がしてきた…。

目標設定が曖昧だった

明確な目標やビジョンが無かったというのも、途中でトレーニングをやめてしまった理由の一つでしょうね。

『迷彩服が似合う体を作る』というのは目標としてはいいけど、具体性が無いし、明確な期日が決められていないのも良くない。

これが“ベンチプレスで100㎏挙げられるようになる”とか“10㎞を〇分いないで走れるようになる”っていう目標設定なら、具体的なゴールも見えやすいし、目標達成のためのトレーニング計画も立てられましたが、体づくりは本人のおぼろげなイメージが目標ですからね…。

具体的なトレーニング計画も立てられず、ひたすらにガムシャラなトレーニングを続けるしかない。

そりゃ続かなくなりますよね…。

敗因分析?

という訳で、色々としょうもない理由から前回のトレーニングは継続できず、結果的には失敗に終わりました。

・飽きっぽい性分

・具体性のない目標設定

・計画性のない勢い任せのトレーニング

というのが失敗の原因なわけですが、こうして書いてみると毎回似たような感じで挫折してんな…。

一向に成長しませんね…。

最終的には『迷彩服の似合う体を作る』というのが目標ですが、前回の失敗を踏まえて、今回は短いスパンで段階的に具体的な目標を設定していきたいと思います。

最初の目標

毎回達成不能だったり見込みのない目標を立てて失敗するので、今回は控えめに。

基本的には前回のトレーニングの前半に自宅でやっていたメニュー

・腕立て伏せ

・サイドベント

・ミリタリープレス

・腹筋

・ツイスト

・カール

を、各10回づつ、1週間続ける。

いきなりショボい所からスタートしてますが、出来もしないことを目標にしてもしょうがないので、恥も外聞もなく、確実に達成できることを目標に設定します。

まずはこれで1週間やってみて、次の目標設定はまた来週。

こんな感じで“地道に同じことを続ける事”に慣れていかないといけませんね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました