浜松のパワースポット巡り 『秋葉山本宮 秋葉神社上社』

神社

バイクでふらっと秋葉山まで走ってきました。

秋葉さんの山頂にある秋葉神社本宮は日本国内にあまた有る秋葉神社の総本山で、秋葉信仰の原点と言われる神社。

昔から火防(ひぶせ)の神様として信仰されているため、火にまつわる仕事(鍛冶職人や花火職人、消防など)に関わる人が参拝に来ることが多いですが、参道に並ぶ巨大な杉並木や秋の紅葉、本殿からの眺望などを楽しむためにやってくる人も多いです。

ちょうど紅葉の色づく良いタイミングだったので紅葉狩りがてら秋葉神社に参拝してきました。

秋葉神社までの道中はこちらから↓

Table of Contents

大鳥居

秋葉神社の駐車場にある大鳥居。

鳥居の足元では地元の農家さんが地場産品を販売してました。

お店は休日のみ出店で、主に春野町とその周辺の農家さんが日替わりでいろいろな物を売ってるそうです。

この日はお茶農家の『うの製茶』さんが出店していました。

煎茶、烏龍茶、紅茶の試飲ができたのでせっかくなので紅茶をいただきました。

この紅茶は香りが凄くフルーティーで渋みが少なくて飲みやすい!

それでいて味が薄くて物足りないということもなく、緑茶と紅茶の良いとこどりのような感じのお茶です。

気に入ったので早速購入しました。

茶園に店舗を併設しているらしいんですがネット販売もしているそうです。

参道

大鳥居を抜けると秋葉山本宮への参道があります。

参道は500mくらいあるんですかね?

けっこう階段を上るので途中で休憩できるように所々ベンチが置かれています。

この時は木々の葉がいい感じに色づいてとても綺麗でした。

紅葉もいいんですが、参道の途中にある幹の直径が2mはあろうかという杉の大木もなかなかのもの。

秋葉山とその周辺の天竜川沿いは昔から林業が盛んな土地ですが、さすがに秋葉神社の周りの樹々までは伐採できなかったようで参道脇にはこのような大木がいくつもあります。

樹齢はどれくらいになるんでしょうね?

参道からも天竜や浜松の街並みが見えるんですが、カメラではうまくとらえられなかったようで…。

この日は天気が良かったので遠く太平洋まで眺めることが出来たんですけどねぇ…。

参道を登ると神門が見えてきます。

神門の周りは庭園のような感じに整備されていて紅葉がとても綺麗でしたね。

神門をくぐって少し登ったところには売店があり、地元の特産品やお土産を打っているほか、食堂も併設されているようです。

食堂はお昼時のみ営業のようで、私が行った頃にはもう店じまいしていました。

今度は営業時間中に行ってみましょうかね。

売店の前を通って社務所の玄関前へ。

燃え盛るように赤く色づく紅葉が綺麗ですね。

この紅葉の木の下あたりに手水舎があるんですが…。

新型コロナの影響で手水鉢には水が張られていませんでした。

まぁこのご時勢ではどこの神社も似たようなもんですけどね。

水でお清めできない場合はどうするのかと思ったら…。

火打石を打ってお清めするというスタイルになってました。

神道においては火のお祓いというのが一番強力なんだそうですが、手をアルコール消毒した後に火打石を使うので、うっかりしたら手が燃えそうw

まぁ火防の神様が祀られているのでその心配は無いんでしょうけどね。

幸福の鳥居

火打石でのお清めも済んだので本殿へ。

本殿の前には黄金に輝く『幸福の鳥居』があります。

この鳥居は平成5年の皇太子殿下ご成婚を記念して建立された鳥居なんだそうで。

割と新しい物なんですが、一応由来があり、江戸時代に井伊家から寄進された金銅鳥居がここにあったことにちなんでいるそうです。

朱色の見慣れた鳥居もいいですが、黄金の鳥居というのも悪くないですね。

ただ、紅葉の時期には周りにあるイチョウなんかと色目が被ってしまうので意外と目立たないんですよねぇ。

神恵岩

幸福の鳥居をくぐった目の前にある巨大な火打石?

晴れた日にはこの岩を直接火打ち金で打つことでお祓いをすることが出来ます。

これがまたびっくりするほど火花が出るのでビビります。

これだけ強力に火花が出てるとご利益が凄そうですね!

本殿

大鳥居からだいぶ歩いてきましたが、ようやく本殿に到着しました。

こんな山奥によくぞこんなに立派な本殿を作ったもんですよね。

資材や道具をどうやって運び込んだのか気になりますが、実は足が不自由な人や車いすの人のために本殿近くまで車で乗り付けられるようになっていたりするので、資材や重機はそちらから搬入したんでしょうね。

本殿前からは天竜の山々や浜松の街並みを見ることが出来ますが、GoProではイマイチうまく取れませんでした。

この景色はぜひ現地に行って肉眼で見て欲しいですね。

この日は天気が良かったんですが、少し霞がかかって遠くの景色は少し霞んでしまいましたが、期待していた紅葉を見ることが出来て良かったです。

秋に限らずどの季節に来てもいいところですが、山奥にあるので真冬は積雪や道路の凍結の心配がありますし、真夏は真夏で暑くて参道を歩くのが辛いかもしれません。

やっぱり参拝するなら春か秋でしょうね。

ポチっと応援よろしくお願いします↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました