バイクで散策 浜北区から秋葉神社まで

ツーリング

バイクで浜松市内のツーリングコースを適当に走ってみるシリーズ。

今回は浜松市天竜区にある秋葉山本宮秋葉神社まで行ってみました。

Table of Contents

秋葉神社

地元民は秋葉山や秋葉神社と呼んでいますが、正式には秋葉山本宮秋葉神社と呼ぶそうで。

日本国内にあまた有る秋葉神社の総本山で、秋葉信仰の原点と言われる神社です。

本宮は浜松市天竜区春野町、赤石山脈の南端に位置しています。

主祭神は火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)で、名前の通り火にまつわる神様。

昔から火防(ひぶせ)の神様として信仰されているため、火にまつわる仕事(鍛冶職人や花火職人、消防など)に関わる人が参拝に来ることが多いですね。

また、火災から守ってくれるということで、建物を新築したら参拝するという人達もいるようです。

こどもYoutuberアカデミー

秋葉神社へのアクセス

最寄りのインターは新東名の浜松浜北インターで、ここから車で約1時間かかります。

公共交通機関を使う場合は遠州鉄道の西鹿島駅から“秋葉神社経由春野車庫”行きに乗車し、秋葉神社バス停で下車、40分ほど歩くと秋葉神社の“下社”にたどり着きますが、本宮(上社)までさらに2時間ほど歩く必要があります。

西鹿島駅からのバスは1日5本しかない上、下社と上社の往復に4時間くらいかかることを考えると、車を使うのが良さそうですね。

観光目的であればタクシーを貸し切りにしてしまうのが良いかもしれません。

秋葉神社まで

そんなアクセス性の超絶悪い秋葉神社までバイクでふらっと行ってみることにしました。

今回のコース

今回のコースは飛龍街道から二俣地区に入り、152号線を北上していくコースです。

船明(ふなぎら)ダムのある船明地区を越えたあたりから左手に天竜川が見える景色の良いツーリングコースですね。

一部で有名な『月まで3㎞』の標識があるのもこの辺り。

しばらく進むと右手に巨大な灯篭が見えるのですが、そこが秋葉神社参道の入り口です。

ここで右折して雲名(うんな)橋を渡り、道なりに進むと秋葉神社へたどり着きます。

ちなみに秋葉神社参道は天竜スーパー林道の一部を構成しているので、そちらもそのうち走ってみたいと思います。

ふるさと納税ニッポン!

走ってみた

動画のスタート地点は国道152号線の新原交差点の少し南の辺り。

ここから北上してまずは飛龍大橋を目指します。

新東名の浜松浜北インターからアクセスする場合の参考にしてもらえれば幸いです。

浜松浜北インターから少し走ると飛龍王橋が見えてきます。

橋の向こうで左折して二俣地区へ。

二俣地区で再び152号線に乗ります。

この辺りの大きな道はすべて152号線の本線と重複区間になっているので、標識が色々ややこしいんですよ。

双竜橋の交差点にて。

正面は152号線と国道362号線との重複区間で、道なりに進むと浜松浜北インターの少し南の辺りに出ます。

ここまで来て戻りたくは無いのでここで右折して、二俣川を右に見ながら北上します。

しばらく道なりに進むとY字路に差し掛かります。

秋葉神社の下社から歩いて上社に行ってみようって人は右へ、直接上社に車で行こうって人は左へ。

下社から上社までは徒歩で2時間ほどかかるようですが、登山道が整備されているので歩きやすいらしく、最近は下社から上社に向かってハイキングするのが人気みたいですね。

安心車.jp

しばらく進むと船明(ふなぎら)地区になりますが、コンビニや確実の営業している商業施設はここから先にはありません!

一応個人商店の雑貨店や道の駅が無いことも無いんですが、休日の方が多い不定休だったり、営業時間が極端に短かったりする店ばっかりです。

ここのコンビニで一旦休憩するのがお勧めですね。

最後のコンビニ(?)を出て152号線をさらに進むと左手に天竜川が見えてきます。

この辺りは船明ダムのダム湖になっているので川の流れが穏やかです。

有名な『月まで3㎞』の看板は船明隧道の隣にあります。

ここで左に行けば月まで行けますが、それはまた別の機会にしておきましょう。

このまましばらく左手に天竜川を眺めながら快走路を走っていきます。

天竜川と交差する横山橋を渡るとまたY字路が出てきますが、ここを右折します。

左折すると“熊”いう集落に出るんですが、天竜区には船明、雲名、阿蔵など、漢字自体はそう難しくないものの初見では読みづらい地名や月や熊のような珍しい地名が多いです。

ちなみに熊は“くま”が正式な地名ですが、浜松市北区以北の住民は殆どが“くんま”と呼んでたりします。

152号線をさらに進むと右手に巨大な灯篭が見えてくるのでここで右折。

ここから天竜スーパー林道を通って秋葉神社へ。

スーパー林道といっても前線1車線なのでそこまで広い道でもないんですよね。

平日なら車がほとんど走っていないんですが、土日祝日は秋葉神社の参拝客が結構いるので、離合待ちのちょっとした渋滞が発生することもあったりします。

道路自体は割としっかり整備されているので走りやすいんですが、あまりスピード出して攻めるられるような感じではないんでしょうね。

平日も交通量が少ないからと油断していると急に対向車が現れたり、ブラインドコーナーの先で止まっている車がいたりするので慎重に…。

20分ほど林道を走り、ようやく秋葉神社の駐車場にたどり着きました。

バイク専用の駐輪スペースは大鳥居の足元の当たりのようですね。

バイクで来る人はそこまで多くないので駐輪スペースが狭いのが難点かな?

駐車場がガラガラなら車を止めるスポットにバイクを入れてしまうんですが、この日のように参拝客が多いとバイクを停めづらいです。

アールカワイイ

まとめ

秋葉山本宮秋葉神社は日本にあまた有る秋葉神社の総本山にして、秋葉信仰の源流と言われている神社。

火の神様をお祀りしているため、古くから火を取り扱う商売の人達に信仰されているほか、新築や改築の際に火除け火防のために参拝する人も多いようです。

秋葉神社まで直行する公共交通機関が無いため、車やバイクで行く人が多いですが、最近は秋葉神社下社から上社まで山歩きをするのが流行っているみたいですね。

最寄りのインターチェンジは新東名浜松浜北インターで、ここから車で約1時間。

浜松の街中からだと大体2時間くらいになるかと思います。

秋葉神社までの道中は景色もいいので定番のツーリングコースの一つですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました