MSFS2020トラブル対処と設定 その2 コンテンツの不具合

フライトシム

MSFS2020のトラブル対処の個人的な備忘録シリーズ。

今回はMSFS2020に収録されたコンテンツのトラブルと対処法について。

Table of Contents

機体が無い!

割とよく聞く『購入したエディションに本来収録されているコンテンツが表示されない』というトラブル。

私はプレミアムデラックスエディションを購入してるんですが、再インストール後の初回起動時にハンガーにあったのは2種類のみ。

一番安いスタンダードエディションでも20種類収録されているのでこの状態は明らかにおかしい…。

こうなると『インストールし直し?』と思いがちですが(実際やったことあり)、100GB近いデータをもう一度ダウンロードし直す前にまず確認したいのが“コンテンツマネージャ”。

コンテンツマネージャのチェック

メインメニューの上部に表示される“PROFILE”をクリック、移動した先のページに表示された“CONTENT MANAGER”をクリックすると…

MSFS2020を起動するために最低限必要な“CORE CONTENT”しかダウンロードされていない。

一応この状態でもプレイ出来るけど、全エディション共通で収録されているデータすら存在しないのでフライトするエリアやシチュエーションによってはCTD(Crash to Desktop)を起こすかも…。

このリストには利用可能(購入済み)な機体データやハンドメイド空港といったコンテンツが表示されるようになっているんですが、“購入済みになのにダウンロードされていない”というコンテンツには“IN LIBRARY”という表示がされているので、必要に応じてこれらをダウンロードする必要があります。

MSFS2020リリース当初、一番初めにインストールしたときはこんなことなかったんだけど…。

コンテンツのダウンロード

ダウンロードは簡単で、ダウンロードしたいコンテンツの左端のチェックボックスにチェックを入れてリストの下部に表示される“DOWNLOAD SETECTED”をクリックするだけ。

ダウンロードが完了するとハンガーに新しい機体が表示される。

飛行場データやランドマークの3Dデータといったコンテンツはダウンロード出来たかどうかの確認のしようがない(出来ないわけでもないけど、追加されたコンテンツをマップから探すのが面倒…)ので先ほどのリストを1つづつチェックしてダウンロードしていく必要があります。

機体データ以外にも、アクティビティやトレーニングが初期段階でダウンロードされていないこともあり、こういった状態だとアクティビティのコンテンツが半透明のパネルで表示されます。

こちらについてもフライトモデルと同じく、コンテンツマネージャーからダウンロードすれば利用可能。

利用可能にはなるけれど、この辺りは無くてもフリーフライトに影響が無いので、ストレージを節約したいとか、ダウンロード時間がもったいない、という人は無理にダウンロードしなくてもいいかも…。

コンテンツを1つづつダウンロードするのが面倒な人は、コンテンツマネージャ上部の“TOGGLE ALL”をクリックすると“IN LIBRALY”となっているコンテンツすべてにチェックが入り、一括ですべてのコンテンツがダウンロード出来る。

が、何故かこの方法だとダウンロードに失敗するので、可能な限りコンテンツを1つづつダウンロードしたほうが良さそう…。

すべてのコンテンツにバージョンコードと“UP TO DATE”の表示が追加されていればコンテンツのダウンロードは完了。

これで本来収録されているはずのデータがすべてダウンロード出来ました。

購入済みコンテンツの確認

コンテンツマネージャに購入済みコンテンツが表示されていない場合は

“MARKETPLACE”の”FULL CATALOG”を開いて

左端のメニューから”OWNED”または”BUNDLE”をクリックすると購入済みのアイテムが表示される。

こちらは“OWNED”の画面。

購入済みのエディションとアドオンが表示される。

プレミアムデラックスエディション購入済みの場合、スタンダード以上のエディションのステータスがすべてOWNEDになる。

後から追加購入したコンテンツもここにOWNEDのステータスで表示される。

購入済みのコンテンツがここに表示されていない場合、未購入もしくは何らかのトラブルで利用不能になっているのでMicrosoftに問い合わせる必要があるが、多分決済に問題があった可能性の方が高いので、まずはカードの利用履歴を確認したほうがいいかもしれない…。

まとめ

初回起動時に本来収録されているはずのフライトモデルが収録されていなかったとしても慌てて再インストールしないこと!

まずはコンテンツマネージャーを確認してみましょう。

多少時間はかかるものの、コンテンツを個別にダウンロードすれば解決できます。

コンテンツマネージャーにもリストアップされていない場合はマーケットプレイスを確認して購入状況を確認してみましょう。

購入済みのコンテンツがここにも表示されていない場合はマイクロソフトに問い合わせるか、クレジットカードの購入履歴を確認。

確実に購入済みだった場合は再インストールしたほうが良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました