フライトシムで日本旅行 レグ60 富山空港→小松空港

フライトシム

Microsoft Flight Simulator(MSFS)であちこち飛び回って日本中を旅行した気になろうということで、今回は富山県から再び石川県に戻って“小松空港”までフライトしてみました。

Table of Contents

小松空港

小松空港は石川県小松市にある軍民共用空港で、航空自衛隊の小松基地と滑走路を共有しています。

飛行場の航空管制は航空自衛隊が担当しているそうです。

飛行場コードは

  • ICAOコード:RJNK
  • IATAコード:KMQ

元々は旧日本海軍の開設した航空基地なんですが、接地されたのは太平洋戦争末期の1944年。

当時は太平洋側の都市部が対規模に空襲されていたため、疎開基地としての役割を担っていたようです。

太平洋戦争の終結後は他の軍事基地と同じくGHQによって接収されて米軍の管理下に置かれますが、1952年に地元の政財界から米軍基地に民間機の離発着が出来るように要請がなされ、翌1953年に小松空港が開港します。

1958年になると米軍が撤退しますがここから数年間は純粋に民間空港として運用されていたようで、航空自衛隊が小松基地を開設するのは1961年のこと。

自衛隊基地に民間空港が併設されている飛行場というと“まず自衛隊の基地があり、あとから民間空港が建設される”というケースが殆どですが、小松空港の場合は自衛隊よりも先に民間空港があったという珍しいケースのようです。

小松基地開設までは米軍の補助飛行場で、当時運行されていた旅客機がプロペラ機だったこともあり滑走路が短かったそうですが、自衛隊側がジェット戦闘機の小松基地での運用を希望していたため滑走路を拡張。

1964年に現在の滑走路と同じ長さの2,700mの滑走路が完成しています。

小松空港開港当初は国内線のみが運航されていましたが、1970年代あたりから国際線が就航するようになり、1980年代には国際線ターミナルを建設。

1990年代に入ると国際定期貨物路線用に貨物ターミナルが増設され、小松空港が保税地域として輸入促進地域に指定され、北陸地方でも最大規模の国際空港として旅客や貨物の輸送に活用されているようです。

小松空港への就航路線

国内線

2021年時点で就航しているエアラインと就航先は

  • 日本航空(JAL):羽田
  • 日本トランスオーシャン航空(JTA):那覇
  • 全日空(ANA):新千歳、羽田、福岡
  • オリエンタルエアブリッジ(ORC):福岡(※全日空と共同運航)

の4社6路線となっています。

羽田便と福岡便の運行本数が多いみたいですね。

国際線

2021年1月時点では新型コロナの影響で国際線はすべて運休となっています。

運航していれば

  • ソウル(韓国:仁川国際空港)…大韓航空(日本航空、デルタ航空と共同運航)
  • 台北(台湾:桃園国際空港)…エバー航空(全日空と共同運航)
  • 上海(中国:上海浦東国際空港)…中国東方航空(日本航空と共同運航)

の3路線があるようです。。

旅客運送以外にもカーゴルクスやシルクウェイウェストといった航空貨物専用のエアライン定期路線を開設していて、週に数便が小松空港に飛来するようです。

エアライン以外の小松空港の利用者

エアライン各社以外に小松空港を利用する事業者・団体としては

  • 石川県防災ヘリ
  • 中日本航空

があります。

中日本航空は自社のヘリコプターを常駐させているほか、防災ヘリの受託運航(パイロットの派遣や機体の整備)をしているようですね。

航空自衛隊小松基地

滑走路を挟んだ南側は航空自衛隊小松基地のエリアになります。

小松基地に所属する飛行部隊は

第6航空団(中部航空方面隊隷下)

  • 第303飛行隊:F-15、T-4
  • 第306飛行隊:F-15、T-4

航空戦術教導団隷下

  • 飛行教導隊:F-15、T-4

航空総隊隷下

  • 航空救難団小松救難隊:UH-60、U-125

の計4個飛行隊となっています。

小松基地北方の日本海上空には広大な訓練空域があるため、小松基地を拠点として航空総隊戦技競技会が行われたり飛行教導隊から一般部隊への訓練指導が行われたりするため、戦闘機パイロットや整備員がよく出張で行く基地でもあります。

私が航空自衛隊にいた頃に2回だけ小松基地に行ったことがありますが、いずれも乗っていた輸送機の経由地として降りたくらいで空輸ターミナル周辺しか知りません…。

小松基地の飛行場施設

この記事を作成する前にMSFSが起動しなくなってしまいました…。

仕方がないので今回はGooleMapのキャプチャー画像で飛行場の説明をしていきます。

Wikipediaの情報によると小松空港の滑走路は

滑走路長:2,700m

滑走路方位:06/24

恐らくMSFSに収録されている小松空港も同じ数値になると思われます。

画像では滑走路が2本あるように見えますが、北側にある滑走路は閉鎖されているので使えません。

フライトプラン

今回もVOR to VORでフライトしますがルート表示されたMAPとNAVLOGをキャプチャーし損ねたので代わりにGoogleMapのイメージ図を…。

VOR to VORといっても飛行距離が短いのでPrepar3Dの時と同じくほぼダイレクトルートになってました。

小松空港周辺の観光スポット

石川県というと古くから陶芸や織物、漆器、金細工といった工芸品の生産が盛んです。

観光客の楽しめる伝統工芸体験のアクティビティも豊富で、九谷焼の絵付け体験や↓

(↑画像クリックで予約サイトにジャンプします)

漆器の器や箸の絵付け↓

(↑画像クリックで予約サイトにジャンプします)

加賀友禅の染め物などの体験が出来ます↓

(↑画像クリックで予約サイトにジャンプします)

流石に観光客がゼロからこれらの伝統工芸品を作るのは無理があるので体験できるのはごく一部の作業だけですが、いずれも一番楽しそうでオリジナリティを発揮できる絵付けの部分になっています。

意外とこの手の観光客向けの体験教室から何かの才能に目覚めてそのまま移住して職人として暮らし始めるなんて人もいたりするんですよね…。

自分探しの旅であちこち遊び歩くのも良いですが、こういったワークショップ系のアクティビティに参加してみるのも良いかもしれません。

これ以外にも数多くのアクティビティがあるので、気になった方はこちらで検索してみたはいかがでしょうか↓

小松空港へのフライト

今回はMSFS2020のデフォルト収録機、ビーチクラフトのボナンザを使ってみます。

MSFSではマップ上に表示されている駐機スポットから出発場所を選択できるんですが、よく考えないでスポットを選択したらエプロンの端っこの掘立小屋の前に出てきました。

掘立小屋の看板をよく見ると“BP JETA-1”と書かれているので、Prepar3Dでいうところの燃料給油所でしょうね。

MSFS2020ではシミュレーションを開始する場所によって機体の状態が違うようです。

前回の様に滑走路から開始する場合は機体電源ONでエンジンがかけられているいつでも飛べる状態。

飛行場の駐機スポットから開始する場合はコールド&ダーク(機体のすべてのシステムがOFF)と言われる状態になるようです。

初見の飛行機でエンジンや機体システムをゼロから立ち上げるのは難しそうに見えますが、基本的に飛行機のスタート手順というのは

  1. バッテリースイッチをON
  2. 搭載されていれば補助動力装置を立ち上げて機体電源と油圧源確保
  3. ナビゲーションシステムのスイッチをONにして誘導装置の基準値の校正をする(大体自動なので放置していればOK)
  4. 各種警報装置の作動確認と警告灯の球切れ点検
  5. ナビゲーションシステムのセットアップ
  6. メインエンジン始動

というのがほぼ共通した流れになっているので、最低限これさえ知っていればいきなりコクピットに放り込まれても割とどうにか出来たりします。

さすがにスイッチの場所が分からないので探すのに時間がかかりますけどね…。

ちなみにMSFSでは機種ごとにチェックリストが用意されています。

このチェックリストには操作しないといけないスイッチをハイライトする機能があるので、これを使えば初見の飛行機でも問題なくコールド&ダークの状態から最低限フライト可能な状態にまで持ってくることが可能です。

欲を言えばナビゲーションシステムの操作マニュアルもつけて欲しかったですけどね↓

この機体にはアナログの計器はなく、高度計や速度計といった各種計器とナビゲーションシステムが統合されたグラスコクピットが搭載されているんですが、これの使い方がよく分からないんですよ…。

スイッチにそれぞれ名前が割り振られているのでそれを確認しながら操作すれば扱えないことも無いんですが、私の理解が悪いのか意図した機能を操作できません…。

一応富山空港のVOR/DME周波数と小松に向かうコースの入力までは出来ましたが、NAV2の設定方法が分からなかったのでVOR to VORのフライトは諦め、右側のディスプレイに表示されるルートを辿って小松空港までフライトすることにしました。

フライト中に気づいたんですがモニターに自機周辺の地形が3Dで表示されるんですよ。

さすがに建物までは表示されませんが、これなら夜間や悪天候で視界が悪い時でもモニターを見れば周辺の山の位置が把握できるので安心して飛ばせそうです。

そういえば30年くらい前のフライトシムのグラフィックってこんな感じでしたよね。

あの頃はもうちょっとしょぼいグラフィックだったかな?

当時のフライトシムは上級スペックのPCが文字通り火を噴きそうになりながら一生懸命処理してもまだ滑らかには動かったんですが、今では現実と見紛うばかりの綺麗なグラフィックを表示させつつ片手間でこんなものまで表示させて同時にビデオまで録画できちゃうんですからね…。

家庭用PCの進化には目を見張るものがあります。

パソコンの進化に感動しているうちに小松空港に到着しました。

閉鎖されている滑走路も画面の左側にちゃんと再現されてます。

BingMapベースなのでここ数年以内のある時点での衛星写真を参考にしているのでしょうが、将来的には地上テクスチャの更新はあるんでしょうか?

地上のデータはクラウドからストリーミングしているようなので今までのフライトシムの様にシーナリを入れるのではなく、クラウド側で地形のアップデートに対応してくれると思うんですがそのあたりはどうなんでしょうね?

着陸したら最寄りの誘導路に進入して滑走路を解放します。

小松空港の民間機のエプロンに行こうと思っていたのですが、あまりに遠いので小松基地のエプロンへ。

誘導路上で何故か車とすれ違いました…。

誘導路が空港周辺の道路と判定されているのかと思ったんですが、たぶんこれ空港の作業用の車ですね。

全然止まる気配が無かったのでこちらが一旦停止してやり過ごします。

小松基地のエプロンまで来ました。

現実ならF-15が並んでいるんですが、MSFSの世界ではセスナが駐機してあるので自家用機の駐機場みたいになってますね。

地上のスタッフの指示にしたがい駐機スポットに停止します。

サマリー

今回のフライトでは初見の飛行機を飛ばしてみましたが、単発のレシプロ機は機種ごとの操縦特性に大きな違いが無いのでエンジンさえかけられれば特に気を使うことも無く飛ばせるような気がします。

もちろん離陸速度や巡航速度などの数値は違いますが、そのあたり数値はコクピットに表示されているのでそこを注意していれば機体を壊すことも無いでしょう。

まぁ所詮はシミュレーターなので壊したところで何の問題も起こりませんが。

MSFSでのフライトにも慣れてきたのでこれから色々な飛行機を乗り継いでいこうかと思っていたら…。

残念ながらこのフライトの翌日にMSFSは起動しなくなりました…。

折角プレミアムエディション買ったのに…。

仕方が無いので次回からはまたPrepar3Dに戻って妄想の旅を続けたいと思います。

次のフライトはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました