フライトシムで日本旅行 レグ41 ヤースヌイ空港→女満別空港

フライトシム

北方領土の領有権を主張するべく択捉島まで飛んではみましたが、フライトシムで飛んだところで何のアピールにもなりませんねw

ついでに歯舞島や色丹島にも行ってみたかったんですがPreper3dには飛行場が収録されていませんでしたので、今回は択捉島から北海道本島に戻り、網走郡大空町にある“女満別空港”までフライトしてみました。

Table of Contents

女満別空港

女満別空港はオホーツク海沿岸の網走市中心部から南西約22㎞にある空港。

飛行場コードは

  • ICAOコード:RJCM
  • IATAコード:MMB

となっています。

空港周辺には知床国立公園や阿寒摩周国立公園、網走国定公園などがあります。

1935年に当地の冷害を克服するためオホーツク海の流氷観測や気象観測を飛行機から行うことを目的に飛行場が建設されました。

飛行場完成後の1942年には旧日本海軍の美幌第二基地として使用され、現在も空港周辺にはその当時に建設された掩体壕がまだ残っているようですね。

終戦後には民間空港となりますが、当時の空港の滑走路長ではジェット旅客機の就航が不可能であったため、1985年には滑走路を現在の位置に移設。

女満別には自動車向けの電装品で世界的に有名なボッシュというメーカーのテストコースがあるんですが、このテストコースは旧女満別空港の滑走路なんだそうで。

気になったのでGoogle Mapでテストコースを見てみましたが言われてみれば滑走路の面影が残っているような?いないような?

2005年には知床が世界遺産として認定され、世界中から観光客が訪れるようになり、観光客の増加へ対応するためターミナルが増築されているそうですが、新型コロナの国際的な流行で今後どうなることやら…。

観光産業のためにも早く新型コロナの世界的な流行が終息して欲しいですね!

女満別空港の飛行場施設

Prepar3dに収録されている女満別空港の滑走路は

  • 滑走路長:8,204ft(約2,500m)
  • 滑走路方位:18/36。

滑走路の規模は地方空港としては比較的大きなものですが、多分大型機の発着を目的としたものではなく、積雪や凍結に備えて眺めの滑走路を整備したのでしょう。

航法援助施設は両滑走路に対応するILSの他に、VOR/DMEがランウェイのほぼ中央に設置されています。

ILSは地方空港にしては珍しく両方向に対応していますね。

せっかくなので今回はILSを使っての着陸に挑戦してみたいと思います。

飛行計画

今回もフライトプランナーを使って飛行計画を立てたのですが、どういうわけかフライトプランを設定して飛ぶとPrepar3DのフリーズやPCのクラッシュが多発するように…。

仕方がないのでPrepar3Dのフライトプランナーでの飛行ルートの設定は諦め、フライトモデル側の機能でルート設定することにしました。

女満別周辺の観光スポット

女満別空港の周辺にはいくつも国立公園があるので

(↑画像クリックで予約サイトにジャンプします)

地元の人にガイドしてもらいながら国立公園内をトレッキングするのが楽しそうですね!

世界遺産にも登録され手厚い保護を受けているので北海道の大自然を満喫するにはこういったツアーが一番でしょう!

運が良ければ野生動物にも出会えるかもしれません。

(↑画像クリックで予約サイトにジャンプします)

国立公園のトレッキングツアーも面白そうですが、羅臼から船で知床半島のクルーズに出るのも面白そうです!

(↑画像クリックで予約サイトにジャンプします)

夏場は羅臼沖を回遊するクジラやシャチを探すホエールウォッチングをしたり、冬は流氷の上を歩く流氷ウォークや流氷に乗ってやってくるアザラシを見ることが出来たりと、一年中楽しめるようです。

女満別空港へのフライト

CaptainSimのB767にはフライトマネジメントシステム(FMS)が実装されているのですが、これは車でいうカーナビみたいなもの。

Prepar3Dで作成したフライトプランナーのデータを読み込めるほか、プレイヤーが任意の経路を設定してその経路に沿って飛ばすことも出来るという中々の優れものです。

今回はこのFMSを使い、イチュラップから女満別まで飛行経路を設定。

せっかくなので女満別空港のILSを使って自動で着陸できるかも試してみました。

サマリー

今回のフライトではB767のオートパイロットをフルに使い、自動着陸まで試してみましたが、ダメでしたね…。

滑走路わきの芝生に着陸してしまいましたが、もしこれが現実なら大惨事になっています…。

機器の設定方法が悪いのか?

はたまた空港側が未対応だったのか?

たぶん両方だと思うんですけど、オートパイロットの機能を使いこなそうと思ったらマニュアルを熟読する必要がありそうですね。

英文読むのがめんどくさいんでなるべくならやりたくないですが…。

次のフライトはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました