浜松のツーリングコース:静岡県道47号引佐六郎沢線

ツーリング

静岡県道47号線通称「引佐六郎沢線」は、険道・酷道マニアには『険道のいなろく』として知られている道ですが、実際には地元住民の生活道路であったりするので、感覚的には「まぁ少し走りづらいかな?」と言った感じの道。

地元民にしてみると言うほど険しくもない、まぁまぁ普通のよくある田舎道です…。

用事でたまに車で通ることもありますが、今回はバイクで走ってみることにしました。

渋川以降は道が狭いので、対向車が来るとすれ違いが面倒なのですが、バイクならそのへんに気を遣わずに走れるはず。

引佐六郎沢線へのアクセス

引佐方面から

新東名浜松連絡路の「浜松いなさIC」で降りて目の前の交差点を左折、国道257号を道なりに進み、途中で右折して県道47号へ。

県道47号に入ったらあとは道なりに進めばたどり着きます。

天竜方面から

県道9号天竜東栄線から入ることが出来ますが、うっかりしていると見落とすかも…。

「くんま蛍の里」の看板が目印です。

誰でも通ることが出来ますが、とにかく道幅狭いので興味本位で走るときは、普通車以上のサイズの車で行かないほうがいいですよ。

交通量がほとんどないため、道路が濡れた落ち葉やコケで埋め尽くされているので、二輪車でもあまりお勧めは出来ませんが…。

そんな県道47号の一番険しい区間を、ただ走るだけでは面白くないので、動画を撮影してきました↓

スタートは静岡県浜松市北区引佐町渋川地区にある「渋川大いちょう」から。

この辺りまでは路線バスが走っていて、この大イチョウの木の下にバス停がありますが、過疎化が深刻なエリアなのでバスもいつまであることか?

最近廃線になる区間が多いので、ここも時間の問題かもしれませんね…。

序盤は渋川という集落のメインストリートです。

ここから5分くらい奥に走ると段々不穏な空気が…。

撮影する少し前くらいに事故があったようでガードレールがひしゃげている区間がありますが、たぶん離合しようとして崖に脱輪したんでしょうね…。

県道47号線沿線のお勧めスポット

てんてんゴー しぶ川

渋川大いちょうから車で約5分の所にある『てんてんごー渋川』は、浜松市民や豊川市民には名の知れたキャンプ場で、毎年多くの人がキャンプやBBQに訪れます。

テントサイトがあるほか、バンガローやコテージでの宿泊も出来るので、『キャンプはしたいけどテント設営が面倒…』という人でも大丈夫!

キャンプ場の中央には、屋根付きの炊事場兼BBQ場があり、天気を気にせずBBQを楽しめます!

キャンプというと夏というイメージが強いですが、キャンプ場の周囲にはバイクトライアルのコースがあったり、キノコ狩りのできる農場が近くにあったりと、1年を通じて色々な遊びが出来るようになっています。

コテージに泊まれば季節に関係なくキャンプも出来ますよ。

利用案内や料金、アクセスについてはこちらをご確認ください↓

お好み焼 さわ田

浜松いなさICから渋川の集落まで行く途中の、県道47号線沿いにあるお好み焼き屋さん。

メニューはシンプルに「お好み焼き」と「焼きそば」の2種類!

お値段は高くもなく安くもなくという微妙なラインですが、結構ボリュームがあるので、おやつに食べるよりもランチとしてお勧めですね。

肝心のお味の方も、お好み焼きと焼きそばを焼いている女将さんが大阪出身ということもあってか、本場の味を楽しめます。

店内はオーナーの趣味で集めたアイテムが所狭しと並び、まるで世田谷ベースのような感じで面白いですよ!

駐車場前の山の斜面にはヤギが数頭放し飼いにされていて、餌をあげたり、撫でたりすることが出来るので、小さな子供を連れて行くと喜ぶかも?

「こんな田舎にこんな店があるの!?」と少しびっくりするような、おしゃれでかわいらしい感じのお店です。

くんまホタルの里

引佐六郎沢線に天竜側から入ってすぐのところにある蛍の鑑賞スポット。

施設の名前から自然公園みたいなものをイメージするかと思いますが、実際には山を切り開いて作った棚田の一角にちょっとした広場がある程度…。

付近に駐車場も無いですし、ほたるの里まで歩道が整備されているわけでもないので、短パンやサンダル履きで行くと、虫刺されや草負けでとんでもないことになります。

蛍のシーズンになるとそれはもう綺麗なので、苦労していくだけの価値はありますが、軽登山くらいの気持ちで行ったほうが良いかもしれません。

釣り

引佐六郎沢線周辺の河川ではアユやアマゴ、ニジマス釣りが盛んで、特に鮎釣りのシーズンになると多くの人がアユ釣りを楽しみます。

釣りをする場合は各河川の漁協の鑑札が必要ですので事前に手続きしておきましょう。

周辺の河川を含めた漁協の連絡先はこちらになります↓

今回走った引佐六郎沢線からは少し離れますが、近隣にある都田川ダムではブラックバスやナマズが釣れます。

都田川でのバス釣りに鑑札が必要ありませんが、管理団体を自称する組織があるようなので、そちらの提唱するルールとマナーを守って釣りを楽しみましょう。

まとめ

とりあえず引佐六郎沢線周辺のおすすめスポットを4か所ほどご紹介しました。

実は中の人の地元近くなんでどれも何度も遊びに行ったことのある場所なんですが、普段あまり意識していないのでまとめようとすると思いつかないというね…。

今回ご紹介した場所以外にもじゃらんで「奥浜名湖」とか「いなさ」と検索するともう少し出てきますので、険道散策のついでに田舎をブラブラするのはいかがでしょうか?

シーズンや目的ごとの観光スポットや、近隣にある宿泊先を探して予約まで出来るので便利ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました